アーカイブ
archive

適切に、対面で「すり合わせ」を。

2017.09.16 (土)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

 

 

【9月16日(土)】

 

 

終日、好天な札幌での一日。

 

明日からの不在に備え
家事やら買物やら諸準備?を。

 

 

夕方から一時間ほど
事務所でお仕事して

休日出勤されていた
パートナー企業K社さまの
S会長と少しだけお話しを。

 

 

月末にお時間を拝受したい旨の
お願いを申し上げて

私は大通公園で開催中の
オータムフェストを
チラ見して(笑)

2週間ぶりのストレッチ整体で
身体のメンテナンスを80分。

 

 

メンテ終了後、待ち合わせ場所の
モンティーパイソンで
IT関係をお任せしている

K社長と1時間半ほど
新規事業のミーティング。

 

 

終了後は、直ぐに
その場で事業のアイデアを
つまみに?会食(笑)。

 

白取オーナー
いつも有難うございます!

 

 

K社長、長時間そして遅くまで
有難うございました!

 

 

今日も皆さまのご厚情と
ご縁に助けられた
札幌での週末の土曜日でした。

 

 

_______________________

■<2> 適切に、対面で「すり合わせ」を。
_______________________

 

 

普段からメールその他で
必要な連絡や情報共有は
していますが

 

 

やっぱり対面して
話すことが重要だなと

いつもながらに改めて
強く思った一日でした。

 

 

スタッフや仲間のサポートで
メモやアジェンダを用意し

議論したい内容を
用意して臨むわけですが

会話するとあらかじめ決めていた
議題や想定事項以外の

問題点やアイデアが
出てくるわけです。

 

 

裾野ばかりを広げて
結果、まとまらずは
論外であるのはモチロンですが

「メール送ったから」だけでは
ある意味、一方通行かなと、、、

今更ながら思うわけです。

 

 

同じ文書や映像、画像を見ても
受け止め方や理解の仕方
ヒトそれぞれな訳です。

 

 

この「すり合わせ」を適切に行い
「目標」を齟齬なく共有し
後は「実行」あるのみと。

 

 

ビジネスはもとより
人間関係のキホンの「キ」。

 

 

「時間」や「効率」を隠れ蓑にせず
ちゃんと続けようと
改めて思うのでした。

 

 

____________________