アーカイブ
archive

「過去」から「未来」へギアチェンジ。

2018.07.31 (火)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【8月1日(火)】

<ダイジェスト>

横浜と

東京は丸の内を往復の一日。

暑さが徐々にぶり返し
移動で出たり入ったりが続き
頭がポーッとした一日でした(爆)。

 

 

 

<時々刻々の記>

午前中は横浜の
お客さまオフィスで仕事。

12時半過ぎ、
クライアントのSさんと一緒に
東京駅前の丸ビルを目指して出発。

14時より1時間半ほど
顧問弁護士のオフィスで打ち合わせ。

終えて来た道を
Sさんと一緒に新幹線で戻り

新横浜駅でお別れ。

 

駅前で月末特有?な
ATMでの記帳したりと

雑用をこなして
再びクライアントのオフィスへ。

1時間ちょっとデスクワークして
弊社のOさん、BPのKさんと
帰途について宿泊先へ。

宿泊先のホテルでスタンバイして
20時より1時間半ほど
国内外を結んでのスカイプ会議。

 

21時半、全ての課業を終えて
待ちぼうけしていたKさんと
遅い晩飯を食べて、一日終了!!

 

 

 

________________________

■<2>「過去」から「未来」へギアチェンジ。
________________________

程度の差こそあれ
企業活動に欠かせない法務業務。

 

 

弊社グループにも
弁護士は在籍していますが

私は弁護士じゃないので(汗)
ま、一言で言えば

法律の専門家である弁護士から見て
企業側(クライアント)の
カウンターパートの役割です。
 

仕事がら、この手の対応は
恒常的に発生しますが

超ザックリ、大きく分けると
「過去」を処理する仕事と
「未来」に対峙する仕事があります。

 

どっちも大事なんだけど
個人的にはやっぱり
「未来」に対峙する仕事がいい(爆)。

 

「過去」の処理は
目的も効果測定もクリアだけど

それを達成した後の「次」の
モチベーション形成が難しい、、、、、

 

なので、過去にばかり
目やパワーが向いてしまうと
エライことになっちゃうので

「過去」と「未来」の仕事の
バランスのとり方とか

関与してくださる方々の
意識やパワーを

徐々に未来ワークにシフトする
タイミングを見極めませんとね。

 

難しいけど、
この「ギアチェンジ」を
  適切なタイミングでやらないと

大事なエンジンが
 オーバーヒートしちゃうかもです。

 

「燃え尽き症候群」に陥らぬよう
  目配りすることも、

俯瞰すべき立場にある者にとって
 大切なお仕事ですね。

____________________

「人材」よりも「人財」のシェアを高める。

2018.07.30 (月)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【7月30日(月)】

<ダイジェスト>

福岡から

夕方の飛行機で

羽田空港からの東京事務所。

東京事務所から
夜半に新横浜へ移動の一日。

台風一過の福岡は
午後から晴れ間が拡がり

夕方に戻った東京と横浜は
ピーク時ほどではないけれど
蒸し暑さを感じた一日でした。

 

 

 

<時々刻々の記>

9時から13時までは
お客さま先を訪問してお仕事。

終えて一旦ホテルに戻り

荷物を片付け、
少々デスクワークをしてから

福岡空港へ向けて移動。

夏休みシーズンゆえか
いつにも増して混んでる
福岡空港、、、、、

 

ラウンジで1時間ちょっと

デスクワークと
電話での打ち合わせをこなし

17時、満席の飛行機は
定刻通りにテイクオフ。

18時45分、定刻に
羽田空港に到着して
そのまま東京事務所へ。

20時前なのに
パートナー企業の皆さん
アグレッシブに活動中で

久々に活気あふれる?事務所で
粛々とデスクワーク開始。

 

人財のプロであるO社長が
面談を終えられて戻られたので

複数のクライアントから
切迫な相談を受けていた
人財募集のお話を相談し

道筋が見えて大感謝!!

 

23時、全ての課業を終えて
前入りのため新横浜に移動して

長い一日を終えたのでした!!

________________________

■<2>「人材」よりも「人財」のシェアを高める。
________________________

各種報道でもショッチュウ
伝えられている「人手不足」のお話し。

 

中堅中小企業の皆さまにとって
業種業態を超えた普遍的かつ
構造的とも言える問題になってます。

 

弊社グループも
例外ではございません(汗)、、、、、

 

この話題に関しては
私も過去、幾度も触れていますが
スパッと解決できる

妙案など、ありません(爆)。

 

言葉じりに拘って恐縮ですが
中堅中小企業こそ「人手」ではなく
  「人財」に拘って欲しと思います。

 

忙しいから、手が回らないから
案件が増えたから、単純に
「はい、増員」では

構造変化はないし、
事業にとって最も大切な
  「利益率」は改善しない

 

そして辛辣な言い方ですが
「人材」は代替可能だけど
    「人財」は代替不可能

 

企業やビジネスは「ヒト」が
構成しているものですから

「人材」が多くを
  占めているようではその分だけ、
   他社に代替される可能性が高まる

 

急がば回れじゃないけれど
困難とハードルに立ち向かって
「人財」のシェアを高める努力。

 

お互いに怠らず、アキラメズ
続けていきたいですね。

____________________

「謙虚」に「バランス」でリスクヘッジ。

2018.07.29 (日)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【7月29日(日)】

<ダイジェスト>

終日、福岡市内。

台風の襲来に備えてか
外歩きの人は少なかったですが

商業施設や飲食店は
夜半まで結構な賑わいでした(爆)。

 

 

 

<時々刻々の記>

午前中は予定通り
13時過ぎまでお客さま訪問。

正午あたりから
ポツポツと雨が降り始めたものの
外はまだまだ、穏やかな状態。

 

昼休憩?の参拝を挟んで

15時からは別なお客先へ。

当初の予定が変更となり
オフィスでのお仕事は
1時間半ほどに留めて

皆さん、ご自宅やホテルに戻って
スカイプや電話で随時連絡を取りつつ
それそれでの場所でコーワークを。

 

M社長のナイスなご判断が的中し
ホテルに戻った直後から強い雨に(感謝)。

 

20時過ぎにコーワークを終えて
地下街直結の飲食店で

サクッと晩御飯を食べて

21時よりフランスと
横浜を結んでのスカイプ&電話会議。

 

23時、全ての課業を終了し
ホテルのバーで今月の
福岡ラストナイトを〆ました!

 

 

 

________________________

■<2>「謙虚」に「バランス」でリスクヘッジ。
________________________

29日の日曜日は早くから
福岡でも台風襲来が伝えられ

お仕事先でも混乱に備えて
早めにオフィスから撤収という

正に「備えあれば患いなし」の
対応に救われた一日となりました。

 

結果は想定よりも
大きな混乱が生じることなく
何よりでございましたが。

 

生命身体に直結することは

 

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」

 

ことなく、これからも
 慎重に備えていきたいですね。

 

一方、ビジネスにおいては
リスクに備えることや
多方面から検証することは

言うまでもなく
当然のことで大切ですが

備えすぎて、考えすぎて

「いつまで経っても動かない」方が

余程リスクが増大するのではと、、、、、
 

本日、幾つも行った会議の中で

あれもこれも考えすぎて
決断できないパラドックスに
陥っている担当の方がおられて

社長と私で考えていることを
全てお聞きしたうえで

私にて論点整理をさせて頂き
クライアントの社長が
明瞭な決断と

期日を定めた指示を行う
場面があったもんですから。

 

担当の方の仰るリスクの各論は
実に詳細に検証されていて
ケチのつけようがないほど立派。

 

でもね、これをやる前から
全部ヘッジすることなんて
土台無理なんです、、、、、

 

なので、バックアッププランを
立案したうえで兎に角
行動を促すしかない。

 

勿論、最終責任は
マネジメントが取ることを
約束したうえでね。

 

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ことなく

 

「羹に懲りてあえ物を吹く」にならず

 

「備えあれば患いなし」を実現する。

 

リスクとリターンのバランスを
考えて行動するのが
全てにおいて妙ですし

 

この世に絶対がないことを
 常に念頭に置くからこそ
  「謙虚」になれますから。

____________________