アーカイブ
archive

「イノベーション」を生む、捉え方の違い。

2020.01.23 (木)

 

 

 

昨晩の22時から

NHKで放映された、クローズアップ現代プラス。

「あなたの仕事が変わる!“超プレゼン術”の極意」

 

 

この番組タイトルに惹かれて、ご覧になった

ビジネスパーソンも多かったのではないかと思います。

 

 

無論、私もその一人です(笑)。

 

 

出演者が「ジャパネットたかた」の創業者である

高田明さんでしたしね(*^^*)

伝えることから始めよう [ 高田 明 ]
 

でも私は番組を見ていて、むしろ、タイトルにあった

プレゼンの技法や技術より

後半の話に強く感じ入ってしまった。

 

 

高田明さんが番組中で仰った以下の話(要約)に。

 

 

「イノベーション」とは、新しいことをやることだけじゃない。

当たり前にやってることを、視点を変えて見ることによって

その商品が新しいものに変わってくる。

 

当たり前を決めつけてるのは自分たち自身。

 

当たり前を変える発想を自分の中に持つ力をつける。

 

 

「イノベーション」と聞くと、ついつい「新しい」とか

「発明」という意味合いだけで捉えてしまいがちです。

 

 

改めて「イノベーション」を辞書で紐解くと

高田明さんが仰られた

「新しい捉え方」や「新しい活用法」という意味

ちゃんと含まれている。

 

 

こう考えたら、気持ちが楽になりません?

未だ世の中に存在してない

アイデアや製品サービスを生み出すぞ!

って相当、シンドイですよ。。。

 

 

それよりも今、自社が提供している商品やサービスを

他の用途に転用できないかなあ?

お客さんに違う使い方をご提案できないかなあ?

と考える方にチカラを注いだ方が、特に我々のような

小規模事業者には費用対効果も高いし

リスクヘッジにもなるのではないかと思います。

私は、高田明さんから、そんなことを「伝えて」頂き

お前はもっと「考え抜け」と背中を押して頂いたと

解釈したのでした。

「社交辞令」を真に受けて「チャンス」を掴む。

2020.01.22 (水)

 

 

 

1月も下旬に差し掛かってアレですが(笑)

年始のご挨拶メールや年賀状、寒中見舞いなどで

沢山のお葉書やメッセージを頂きました(感謝)。

 

今年はもっと沢山、お会いしましょう!

是非、ご一緒にお仕事しましょう!などのメッセージを。

 

 

ところで皆さん、お相手の方々から上記のような

メッセージを頂戴して、その後アクションをされていますか?

大概は「社交辞令」と解釈してスルーしてしまうか

当たり障りのない返事をして、そのママ終わりみたいなことが

殆どなんじゃないかと思います。

 

 

私は「社交辞令」を大真面目に真に受けて(笑)

是非、会いましょう!いつ会いましょうか?

ってマジレスしちゃいます(爆)。

そりゃあモチロン、スルーされることもあります。

が、中には本当に「待ってました!」とばかりに

お相手からも即レス&マジレスで

話がトントン拍子に進むことも、あったりする訳でございます。

 

世間一般において「社交辞令」は概して

「所詮は建前」と解されておりますが

実はその中に、割合の大小は別にして

存外「本音」が隠れていたりする訳です。

隠れている、お相手の「本音」をキッチリと

引き出して差し上げる為には「待ち」と「受け身」は

駄目だなと、改めて思う訳です。

 

 

こちらから、お相手の発した言葉に沿う形で

お応えしていかないと。

 

 

社交辞令を真に受けることを誰しもためらってしまうのは

スルーされた時の気まずさや、考えすぎる人は

連絡して嫌われたらどうしよ?みたいな思いがあるから。

 

 

でもね、よくよく考えてみると、マイナスはないんですよね。

 

 

仮に社交辞令だけの付き合いだけだったのなら

今までお互いに、プラスは生み合ってないワケですから。

 

 

嫌われて、その社交辞令的付き合いを失っても

元々のゼロ状態が続くだけのこと。

 

 

それよりも、お相手の隠された本音を見過ごして

潜在的プラスのチャンスを失う方が

モッタイナイなあと、私なんかは思う。

社交辞令を1回真に受けて、自ら行動を起こしてみると

人付き合いもビジネスも、今以上に「質」が高まる。

是非一度、アクションしてみてくださいませ。

初月無料で経理の仕事に役立つ150以上の動画が学べるサイト【Accountant's library】

「時間」で伝えるコトを、ためらうな。

2020.01.21 (火)

 

 

 

興味のない方々には、どうでもいい話で誠に恐縮ですが(笑)

鉄道運営における「相互直通運転」。

運営する事業者が違っていても、あたかも同じ路線のように

乗り換えなしで利用できて便利ですね。

 

 

私が良く使う路線の一つである

京急の羽田空港国内線ターミナル駅から

都営浅草線直通で三田駅までの区間。

 

 

私たち利用客が、普段意識することは皆無ですが

途中の泉岳寺駅で、京急から都営に運営事業者が変わるので

僅か1分に満たない時間で乗務員さんが交代します。

昨晩、羽田空港から、東京事務所へ帰る際に利用したら

この泉岳寺駅で、チョイとしたトラブルが発生しました。

列車が出発しない。。。

 

 

で、ホームが騒がしく、駅員さんたちの切迫した空気が。。。

 

 

平日の21時台。帰宅される方々で結構な混雑の車内。

 

 

程なくして車内放送が入り、交代のために待機している筈の

車掌さんがいなかったことが出発できない原因でした(爆)。

 

 

10分ほど泉岳寺駅で足止めされましたが

無事に代わりの車掌さんがやって来て出発。

 

 

その間の車内は、ギスギス&イライラを感じることなく

実に平静な空気感でございました(^^;)

 

 

平静だった理由。私が思うに、先ず、不手際を謝罪したうえで

同時並行でリカバリー案を素早く発信したからではないかと。

 

 

一体、今、何が起きてるんだろう?といったような

ワカラナイことに対して、ヒトは一番不安を感じる。

ワカラナイという不安は、時が経つにつれて

相手や対象物への不信へ、最後は怒りへ繋がっていく。

 

今、何が起きているのか?何故こうなったのか?

を、素早く説明することって結局は

問題を起こした側をも救うんだと思います。

 

 

で、大事なことは

単に「ごめんさない」を連発するんじゃなくて

リカバリーの方法と、解決までの見通し(解決までの時間)をも

きっちりと説明する。お伝えすること。

 

 

でも一方で、問題を起こした側は

具体的な見通し(時間)を明言することを

躊躇するんじゃないかと思います。

 

 

「もし、また遅れたらどうしよう。」とか

「言った時間をオーバーしたらどうしよう。」など。

 

 

でも、タメラッチャいけません。

全力を尽くしたうえで、明示した見通しより遅れたら

再び素早く、訂正して情報を伝達すれば良い。

 

 

まとめると、トラブルや問題が発生して

ヒトさまにご迷惑をおかけした時は、先ずは素早く素直に謝る。

 

 

次に(なるべく同時に)トラブルや問題の発生原因を

お相手にお伝えしたうえで、リカバリーの方法はモチロンのこと

解決するまでの見通しは「時間」という数字を明示して

お伝えするコトを、躊躇わずにやりましょう。