北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

2022年に最良をもたらすヒントは・・・そろばんと電卓???

2021.12.31 (金)

 

皆さんにとって
2021年はどんな年でしたか?

ま、今年も
昨年につづき

多かれ少なかれ
1年のほとんどを

新型コロナに
ふりまわされましたよね。。。

来年こそは
一年をとおして
制約をうけることが

ないことを
祈るばかりでありますが。

でもね、

皆さん聞き飽きていると
思いますけれど

待っていれば
すべてが元どおり!

だけは
来年もないんじゃないかあ。

なんてことを
あらためて思うんですよ。

たとえば

オンラインで仕事が
とどこおりなくできた!

どころか

売上が上がって経費が減り
利益がアップした!

なんて業種や会社も
事実あるわけでして。

こういった業種や会社
そこで働く人々が

あえてコロナ前の姿に
戻す動きが起きるとは
とうてい思えないし

事実、起きていない。

そう。最初は
やむを得ず
だったかもしれないが

あ!と気づいて変化したんですよ。

どうでしょう?皆さん。

「うちの業種は」

「うちの会社は」

「うちの地域は」

IT系とかじゃないから「無理」。

で、今年も
そして来年も
片付けちゃいますか?

そんな方は
一人もいないと
信じたいですが

念のため
さる12月29日の
日経新聞に掲載されていた

「コロナと世界 進路を聞く」

三菱商事社長である垣内威彦
(かきうち たけひこ)さんの

言葉を下記に一部引用し
2021年のラストブログと
させていただきます。

=====ここから=====

日本は30年間、GDPも
1人当たりの年収も伸びていない。

生産性が上がっていないからだ。

人類が見つけた
素晴らしいテクノロジーを
どれほど取り込んでいけるか。

欧米や中国は開発と同時に
いとも簡単にやってしまう。

日本は全然取り込めていない。

そろばんはできるのに
電卓を使いこなせていない状況だ。

(中略)

裏返せば

遅れていた分を
急速にキャッチアップすることで

日本はまだまだ成長できる。

=====ここまで=====

来たる2022年に

貴方にとって
御社にとって

最良をもたらすヒントが
上記のなかに
私はあると思いますよ。



スポンサードリンク

なんだか威圧感がある気が・・・杞憂ですよ。杞憂(^^;)

2021.12.30 (木)

 

あ~もうw
もったいつけずに
はやく教えろー!

とまでは
言われませんでしたがm(__)m

(昨日までの内容は下記より↓)
 https://bit.ly/2FAiUfF

お待たせしました(^.^)

お題である

「株主数が多いと
 新規株式上場に
 支障が生じるのか?」

そんなことは「ない!」と
二日間にわたり

当事者の声や
私の実体験を
お届けしましたが

本日は最終回として

「究極の確認方法」

ご案内しますね。

それはずばり
証券取引所に聞いてみること。

(下記のように
問い合わせは電話でも
メールでもできますよ)
https://bit.ly/3eygHzp

なぜなら
上場承認をするのは
証券取引所だから。

ね。実にシンプルでしょ(^.^)

えー。でも、なんだか
かしこまっちゃうというか
威圧感があるような気が・・・

なんて思っちゃいます?

杞憂ですよ。杞憂。

いぜんもお話ししたような
インサイダー情報や
法に触れるようなこと以外

親切に答えてくれますので(^^;)

繰り返しになりますが
自ら行動して一次情報に
アクセスするのが

あらぬ噂にふりまわされず
モヤモヤを解消するには
一番の早道ですから。

「聞くは一時の恥
 聞かぬは一生の恥」

あらためて
頭の片隅にでも
おいてくださいませね。



まずいから食べないほうがいいよ。でも、私は食べたことないけど(爆)

2021.12.29 (水)

 

連載?3日目は
予告どおり、私の実体験をば。

(昨日までの内容は下記より↓)
 https://bit.ly/2FAiUfF

私がCFOをつとめ
2004年に株式上場したパラカ(株)。
https://bit.ly/3ezbwiK

上場前に
グリーンシートという
制度をつかっており
多くの株主がいました。

(※グリーンシートについては
下記をご参照ください※)
https://bit.ly/3moUsyh

で、
ちょいとおさらいすると
きのうまでの話ってのは

株式投資型
クラウドファンディングで
株主が増えちゃうと

株式上場の際に
なんらかの支障が
生じるんじゃないの?

という話は
根も葉もないうわさだよ!

ってことを私は
主張してきたんですが

上記の実体験が
私が自信をもって

「だいじょうぶ!」と
主張する最大の根拠なわけ。

だって証券取引所の
審査をちゃんと通って
株式上場を果たしたんだもん♪

今も昔も
そしてこれからも

人が人であるかぎり
決してなくなることは
ないであろう

フェイクニュースや
根も葉もないうわさ。

賢明なる経営者の皆さんは
充分に注意を
されていると思いますが

「上場を経験したことが
 ない人が語る
 上場なんていいことないよ!」

「M&Aをしたことが
 ない人が語る
 M&Aなんて危なっかしいよ!」

なんて話を
ききかじっただけで

安易な経営判断を
されませんように。

「これ、まずいから
食べないほうがいいよ」

「でも、私は食べたことないけど」

って言われて、うなずけますか?

少なくとも私は
自分で食べてから判断します(笑)。



ここに注目!「でどころ」が、ちゃーんと書いてありますか?

2021.12.28 (火)

 

きのうの話ついて↓
https://bit.ly/3Jh2ViN

多くの皆さんから
いろんな意見をいただきましたm(__)m

ガセネタを吹聴したのは
いったいどこの誰だ?

に、はじまりw

とはいえ
株主が増えると
いろいろと面倒なんじゃないの?

とか

ぶっちゃけ垰本は
本音ではどう思ってるのさ?

などなど。

で、一番おおかったのが

株主が多いとIPOできない!

という噂が
ガセネタに過ぎないというなら
その証拠をしめしてくれ!

でした。

いくつかありますが
今日は下記を紹介します↓。
https://bit.ly/3pxKwXd

上記のページ
冒頭に注目してほしいんですが

寄稿者が
株式投資型クラウドファンディング
最大手のFUNDINNO。

当事者が
実名をさらして
詳細を説明しているページ。

すこし長いですが
ぜひお読みいただければと思います。
https://bit.ly/3pxKwXd

情報が膨大に氾濫する今の時代。

私が言うまでもないですが
確からしさの判断をする
最低限の条件は

出典が明確であり
発信者が特定できること。

ようは責任の所在が
明確だということです。

責任ある立場で
ビジネスをされている皆さんは
先刻承知とは思いますが

批判や炎上を
おそれすぎることなく
情報発信などのさいには

ぜひご留意のほどを。

でもさあ、当事者が
自分が手掛けるビジネスを
否定するようなことしないよね?

これだけじゃ納得できないよ!

なんて意見もあるでしょうから
次回以降、今回の件について↓
https://bit.ly/3Jh2ViN

「私の実体験」と

「究極の確認方法」を

ご紹介したいと思います。

おたのしみに(^^;)



なにを根拠に無責任な(怒)!でも、それを鵜呑みにする方も・・・

2021.12.27 (月)

 

んー。なにを根拠に
無責任なことを言ってるのか。。。

この1週間で二度
2人の経営者の方から
おんなじ質問を受けたもんで。

質問内容は・・・・・

 

「株式投資型
クラウドファンディングで
資金調達すると

IPO(新規株式上場)
できなくなるって本当?」

それを言った方の誤解だと
信じたいところですが

それを言った方は
某金融機関勤務のいわばプロ。

きついことを言うが
プロとしての矜持がなく
あまりにも無責任だわ(# ゚Д゚)

とはいえ
プンプンしてるだけじゃ
能がないのでw

私からは根拠

すなわち「一次情報」を
しめしながら説明し

そんな事実はないことを
2人に納得してもらった。

でね、あらためて
思うんですが

根拠のないガセネタを
言う人が一番悪いのは
いうまでもないこと。

が、きついこと言うし
反発もあるだろうけど

そのガセネタを
うのみにして
だまされる人も悪い。

賢明なみなさんは
こころがけていると
思いますが

「ん?」

と思うことがあったら
ちょいと立ち止まって

根拠、すなわち
一次情報にみずから
アクセスして確認してね。

私も常に気をつけて
ひとさまに説明するときは
一次情報を引用することを

心がけておりますが
いっそう注意して
取り組んでまいりますので。