アーカイブ
archive

「定期的」に「脳内5S」を。

2019.01.31 (木)

 

良く職場環境の維持改善の
スローガンに用いられる「5S(ゴエス)」

 

「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「躾」

の5つ。

 

職場環境のみならず

脳内環境の維持改善にも不可欠です。

 

私も月に一度
他者のお力をお借りして
自分の脳内の「5S」をしています。

 

そして僭越ながらお仕事として
私がご指導させていただく立場で
お客さまの脳内「5S」を

 

させて頂くこともシバシバ。

 

31日の午前は「自分」の
午後と夜は「お客さま」の「5S」を。

 

どっちも最終的に実行するのは
自分(当事者)な訳ですか

 

毎度ながらに思うのは
ごく限られた、

自社内にチェックや自浄機能を有する

超大企業さん以外は

自社で自己完結するのは「ムリ」。

 

超大企業さんや上場企業さんは
否が応でも市場や世間の耳目
外部監査などのプロセスもある。

 

それでも失礼ながら
時に世間を揺るがすスキャンダルが。

 

各社各様に身の丈に応じ
イロンナやり方がありますし
自ずと予算にも限りがありますが

 

いやいやうちは

少人数で目が届くから「大丈夫」。

 

これが落とし穴。

 

自戒を込めてになりますが

順風満帆だと思える時や

特段問題がない平常時にも

定期的に「5S」を

職場も脳内もやっとかないと。

 

タスクと頭を切り替える
移動の車中で改めて
思ったのでありました。

「農業」は「製造業」です。

2019.01.30 (水)

 

私が2016年に設立した
北海道PVGSで始めた
新たな取り組みを陰に陽に支えて下さり

 

諸事ご指南はおろか、
お仕事まで発注下さるA先輩。

 

昔からの絆に
感謝以外の言葉が浮かびません(感謝)。

 

今回もご厚情に甘え
弊社の事業に親和性高く
ビジネスの拡がりを予感させる

 

新たなご縁を頂戴しました。

 

業界の方には
マスキングしてもバレバレですが(笑)

 

農や食に関する
とある国際認証に関係するお仕事を
されているF社のM社長に

 

ご面識を頂戴し
懇切丁寧なご指南を頂戴しました(大感謝)。

 

私も食や農の分野で
薄らボンヤリと
感じていた問題その他を

 

「数字」と「論理」で
  しかも判り易く
   紐解いて教えてくださった。

 

全て腹に落ちて「納得」の二時間。

 

M社長は超有名
大手製造関係企業のご出身で

 

言うならば大手に限らず
日本の製造業では
アタリマエとなっている「5S」を始め

 

それらの観点に基づく
「ムダ」を如何に減らすかという
私にも理解しやすい話でしたが

 

これが実は特に「農」の分野では
全然、アタリマエではないのだと。

 

農業従事者の方から
機械や部品と一緒にするなと

 

ご批判やお叱りを
受けるかもしれませんが
それでも敢えて一言。

 

お客さまに「販売」する。

お金を頂戴している以上「製品」です。

 

様々なシガラミはあるのでしょうが
今のママ対処療法を繰り返しても
先行きが暗いのは関係者の皆さん

 

判ってるはずです。口に出さないだけで。

 

業界が違うからこそ
 他業界で成功している

 

管理やオペの実例を
 自分たちの業界に取り込みましょ。
食わず嫌い、禁物で。

「あと一歩」「もう少し」を続けていこう。

2019.01.29 (火)

 

ご笑覧下さっている
皆さまご承知?の通り
過去7か月ほど、新横浜に

 

仕事の関係上、宿を取り滞在してます。

 

ホテルが無料で入れてくださる
「神奈川新聞」を読むのが
実は密かな楽しみ(笑)。

 

ここ数日、神奈川県が地元の
某、●泉、元総理のインタビューが
連載されております。

 

主張の中身の是非は
ヒトそれぞれに評価が
ありましょうから

 

ここで自説は展開しません。

 

一つ思うことは
良くも悪くもブレズに
  メゲズニ、発信してるなと

 

ここは素直に感嘆に値する。

 

忘れたころに(失礼!)
どこかで誰かが取り上げてる。

 

ビジネスでも
「あと一歩」「もう少し」と

 

いうトコロで、
 諦めちゃうというか
  発信を止めちゃうこと、ありません?

 

私も日々、自分の内奥にある
「いいんじゃね?」の囁きに
心が揺れることがママありますが(恥)

 

どんな小さな些細な取り組みも
 毎日コツコツ続けていると
  イイことあったりしますよ。

 

読者さまのお問い合わせと
取材の申し込みに
感謝しながら改めて

 

こんなキホンの振り返りを
してみたのでした。