アーカイブ
archive

進むときは「一点突破」。でもその前に。

2018.08.31 (金)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【8月31日(金)】

<ダイジェスト>

横浜から

夜、東京へ移動。

 

関東地方はトコロにより
激しい雷雨に見舞われましたが
移動中は幸いにも遭遇せずでした。

 

 

 

<時々刻々の記>

月末、かつ週末だからでは
ないとは思いますが
朝からナカナカのドタバタ感(爆)。

水曜日の夜アタリから始まった
鼻のグズグズ感がアップしたので(泣)
皆さんへの迷惑を回避すべく

 

暑いけど、マスク着用・・・・・

 

午前中は電話打ち合わせの連続と
事務タスク対応であっという間に過ぎ

 

午後も相談事や打ち合わせが
連続しつつも、何とか本日分の
やるべきことに目途をつけて

18時半に横浜北部の
クライアント先を出発し

渋滞で2時間ほどかかって(泣)

12日ぶりに東京自宅へ帰還。

 

体調回復を目指して
自宅でオトナシク過ごした夜。

 

 

 

________________________

■<2>進むときは「一点突破」。でもその前に。
________________________

31日も数多くの打ち合わせや
ご相談対応などをさせて頂く中で

 

クライアントさんからすれば
「何故、その結論に」的な話が

 

仲介役というか、代理人である
私にもたらされました。

 

私もヒトリの人間だし
クライアントへの感情移入もあるし、
残念だなとは思いますが

 

スパッと冷静にアタマを切り替えて
次なる対応に乗りだすことにしました。

 

何故なら「目的地」へ向かう
一つの「道すじ」が
通行不能になったのであって

 

目的地(目指すべきもの)へ至る
「道すじ」は他に複数あるから。

 

そりゃまあ、有り余る予算(資金)と
リソース(人員)があれば

 

物量作戦で全ての「道すじ」を
同時並行で進むのもアリかもしれませんが
殆どの中小事業者では、ムリです。

 

でも、投入するリソースは一点集中でも
事前に「道すじ」の数だけ
確認しておかないと

 

進んだ道すじが、通行不能になったら
感情が先行して、右往左往して
目的地への迂回どころか

 

既存を含めた全てが崩壊しちゃう
リスクが格段に高まる訳です。

 

ブレない「目的地」を、しっかり見定めたら

 

事前に

「目的地」に至るまでの「道すじ」を

全て洗い出した上で

 

リソースは「一点集中」で。

 

思い通りにならないことがあっても
冷静に次の手を打つ、秘訣の一つです。

____________________

「目立つ」と「多い」の違いを感じて。

2018.08.30 (木)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【8月30日(木)】

<ダイジェスト>

札幌から夜の飛行機で

羽田経由、新横浜へ。

 

札幌は曇り、雨、少し晴れと
目まぐるしく天気が変わったものの

総じて過ごし易い気温でしたが
23時前に到着した東京は、
熱帯夜でした(爆)。

 

 

 

<時々刻々の記>

午前中は私事な雑用をこなしつつ
各所と電話で打ち合わせなど。

昼前からは事務所で

溜まったデスクワークをセッセと。

 

私の帰京を手ぐすね引いて
待っているらしい(笑)
各所より電話相談を受けながら。

 

16時からは長年お世話になっている
O社長と電話会議をして
9月のスケジュールを調整し

 

これまた長年お世話になっている
K社長に先週のお礼をしたりするうちに
アッという間に出発時刻に・・・

 

事務所を出て
24時間ぶりに札幌駅に舞い戻り

快速列車で新千歳空港へ。

ラウンジでデスクワークの続きをしてから

21時発、ほぼ満席の飛行機で羽田空港へ。

22時半過ぎに到着した羽田は
凄まじい混雑なうえに、暑い(泣)。

荷物の到着が遅れたこともあり
新横浜のホテルへ午前様ギリギリに到着。

鼻のグズグズが若干悪化してるので
速攻、寝床に潜ったのでした・・・

 

 

 

________________________

■<2>「目立つ」と「多い」の違いを感じて。
________________________

夏休み的なハイシーズンも
いよいよ最終盤なんでしょうか?

 

到着した羽田空港も
大きな荷物を持ったお客さんで
23時前後だというのに大混雑!

 

去る26日から29日まで
取材で訪れた
北海道の上川(かみかわ)地域も

 

「日曜日の夜だから」とか

 

「さすがに、平日だから」とか的な

 

私の先入観が崩れ去る
多くのお客さんがいらっしゃいました。

 

私が言うまでもなく
ここ数年のインバウンドの
お客さんの増加と定着。

 

これは確かに「多いな」を感じる
一つの要因であることは間違いない。

 

「目立つ」という意味では
チョイと違う面を感じた次第。

 

これについては百論噴出
千差万別、究極的には
「個人の資質」でありましょうが

 

色んな意味で「日本人」の方が
目立っているかもな、と。

 

過日、取材した際にお聞きした話で
とても印象的で考えさせられたのが
「日本人のマナー」について。

 

例を挙げると一見、
誰のものでもなさそうな「草原」が

 

実は「私有地」で畜産や酪農のための
「牧草地」だったりする訳です。

 

なので、踏み荒らされちゃうと
生産者さんにとっては、大損害。

 

悪気なく、知らずして入っちゃった
そんな場面で

 

外国人の方に注意すると
謝り素直に出ていくことが
多いんだそうで。

 

ところが日本人の方に注意すると
「立ち入り禁止」って書いてないから
俺は悪くないとか

 

「持ち主でもないお前に
注意される筋合いはない」的に
逆切れされることが多いんだそう。

 

日本人には
 世界中から称賛されている
  他者を思いやり助け合う

 

行動やマナーの精神がある筈なのに
混雑で手荷物が
ナカナカ出てこないイライラを

 

周囲にブツケテ
荷物が出てきたヒトの進路を
仁王立ちで邪魔する

 

心無い日本人の姿に
羽田空港で遭遇した際に

 

過日の取材で刺さった
言葉を思い返して
己も振り返るのでした。

____________________

繋がって、乗り越えるのだ!

2018.08.29 (水)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【8月29日(水)】

<ダイジェスト>

朝、富良野市を出発し

中富良野町、東川町、上川町を経て
旭川より夕方の特急で札幌へ。

3泊4日で
約600キロを走破した
弾丸ツアーも無事終了。感謝!

 

 

 

<時々刻々の記>

取材ツアー最終日。

 

朝、富良野市のホテルを出発して

昨日、立ち寄れなかった
中富良野町の「ファーム富田」さんへ。

http://www.farm-tomita.co.jp/

 

平日の朝10時だというのに
観光バスが沢山(凄)。

 

アポの関係上、早々に後にして
11時過ぎ、東川町の
(株)キセキ・コンダクトカンパニーさまへ。

http://kiseki-cc.com/

 

原点である土づくりから取り組まれ

思い溢れる商品に至るまでの

お話をお伺いして、素直に感嘆!

ご対応くださった佐々木さま、
牧さま、本当に有難うございました!

丁度、お昼時にもなったので
弾丸ツアーの労をねぎらうべく?

 

(いやいや、取材の一環です。はい(笑))

 

車で1時間ちょっとの上川町にある
「フラテッロ・ディ・ミクニ」さんへ。

http://fratello-di-mikuni.com/

心癒される素敵な内装と
そこから広がる雄大な景色に感動しつつも

内心「俺たち、場違いかも」なんて
ドキドキしながら、ランチタイムを。

お腹も心もすっかり満たされて

今回のツアーファイナルを締めくくる
旭川市の「福井製餡所」さまへ。

http://www.seianjo.co.jp/

社長と専務に温かくお迎えいただき
新商品のご案内や
旭川の店舗だけで限定販売の

オリジナルソフトクリームまで
ご馳走になってしまい(大感謝)

今後、ビジネスで恩返しするぞと

固く誓ってお会社を後に。

 

福居社長、福居専務
ご厚情、誠に有難うございました!

16時過ぎ、3泊4日
上川地域を約600キロ
走りに走った取材ツアーが終了。

 

羽田へ移動するOさんとは
旭川駅でお別れして

私は17時発の特急列車で

一路札幌へと戻り

そのまま「かでる2・7」へ向かい

大型スーツケースを引きずっているのは私だけなので

 

皆さんの目線が気になるなか(汗)
某講演会を拝聴し、お勉強を。

 

21時前に帰宅して
お片付けと明日からの
お出かけ準備を済ませた後は

 

報告と復習?と食事の合わせ技で
いつもの「カンティーヌセル」さんへ。

残務をこなしながら
黒滝シェフと取材雑感を
語りあって、食べて

長ーい1日を終えました。

 

今回も多くの出会いと学び
そして上川地域の皆さんの
暖かなお人柄に包まれた

 

感謝・感謝・大感謝の
取材ツアーでした!

 

 

 

________________________

■<2>繋がって、乗り越えるのだ!
________________________

Wake Up Hokkaido!

https://goo.gl/RE2RQr

https://bit.ly/2GKNo9y

 

上川地域の取材ツアー最終日を
事故なく無事に迎えることが出来ました。

 

管内での移動距離、約600キロ。

 

3泊4日で18か所の生産者さんや
会社さんなどを訪問させて頂きました。

北海道の雄大さ、広さ
各地に沢山ある魅力的な場所や

 

美味しくて素晴らしい
食材やお料理の数々に出会いました。

 

そして、作り手である皆さんは
それぞれに真摯で
強い拘りや想いを持って

 

日々懸命に全力で
食材や料理や商品を産みだし

 

これらに「ガチンコ」で
向き合われています。

 

でもね、一方で人員などなどの
様々な課題を抱えられていて

 

皆さん方が紡いできたコト

今も紡ぎ続けているコト

感嘆や感動するに相応しい

「ものがたり」が

「伝えられていない」

「伝えきれていない」

現実がある訳です。

 

個人も会社も
一握りの大企業を除けば

 

全部、ヒトリで、自社で
 やるなんて、土台無理な話。

 

勿論、私個人も
私たちの会社もそうです。

 

互いに得意分野を極めた上で
 自分や自社に足りないことは

 

「繋がって」「連携して」
  乗り越えていけば、それでいい。

 

取材を重ねるごとに
この想いが強く強くなるのでした。

 

Wake Up Hokkaido!

https://goo.gl/RE2RQr

https://bit.ly/2GKNo9y

 

で、全力でお手伝いを
 させて頂きますので
  お気軽にお申し付けくださいませ!

____________________