北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

進むときは一点突破。でもその前に。

2018.08.31 (金)

 

今日も数多くの打ち合わせや
相談対応をするなかで

クライアントからすれば
「なぜ、その結論に?」的な話が

代理人である私にもたらされました。

私も一人の人間。
クライアントへの感情移入もあり
残念だとは思いますが

スパッと冷静に頭をきりかえて
次なる対応にのりだすことにしました。

なぜなら、目的地へ向かう
一つの道すじが通行不能になっただけ。

目的地(目指すべきもの)へ至る
道すじは、ほかにも複数あるから。

そりゃまあ、ありあまる資金と
リソースがあれば

物量作戦で全ての道すじを
同時並行で進むのもありですが
殆どの中小事業者では、無理です。

でも、投入するリソースは一点集中でも
事前に道すじの数だけ確認しておかないと

進んだ道すじが、通行不能になったら
感情が先行し、右往左往して
目的地への迂回どころか

既存を含めた全てが崩壊しちゃう
リスクが格段に高まるわけです。

ぶれない目的地を、しっかり見定めたら

事前に目的地に至るまでの道すじを

全て洗いだした上で

リソースは一点集中で。

思い通りにならないことがあっても
冷静に次の手を打つことができる秘訣です。

スポンサードリンク

「目立つ」と「多い」の違いを感じて。

2018.08.30 (木)

 

夏休みシーズンもいよいよ最終盤。

到着した羽田空港。
大きな荷物を持ったお客さんで
23時前後だというのに大混雑!

去る26日から29日まで取材で訪れた
北海道の上川(かみかわ)地域も

日曜日の夜だからとか

さすがに平日だからといった

私の先入観とは裏腹に
多くのお客さんがいらっしゃいました。

私が言うまでもなく
ここ数年のインバウンド客の増加と定着。

これは確かに多いなを感じる
一つの要因であることは間違いない。

が、目立つという意味では
ちょいと違う面を感じた次第。

色んな意味で日本人の方が
目立っているかもな、と。

過日、取材した際に聞いた話で
とても考えさせられたのが
日本人のマナーについて。

一見、誰のものでもなさそうな草原が

実は私有地で畜産や酪農のための
牧草地だったりする。

なので、踏み荒らされちゃうと
生産者にとっては、大損害。

悪気なく、知らずして入っちゃった
そんな場面で

外国人に注意すると
謝り素直に出ていくことが多いんだそうで。

ところが日本人に注意すると
立ち入り禁止って書いてないから
俺は悪くないとか

持ち主でもないお前に注意される筋合いはないと
逆切れされることが多いんだそう。

日本人には
世界中から称賛される
他者を思いやり助けあう

行動やマナーの精神があるはずなのに
混雑で手荷物が出てこないイライラを

周囲にぶつけて
荷物が出てきた人の進路を
仁王立ちで邪魔する

日本人の姿に羽田空港で遭遇し

過日の取材で刺さった
言葉を思い返したのでした。

つながって、のり越えるのだ!

2018.08.29 (水)

 

ウェイクアップ北海道↓
https://bit.ly/3nhcF0B

上川地域の取材ツアー、無事終了!

上川管内での移動距離、約600キロメートル。

3泊4日で18か所の生産者や会社を訪問。

北海道の雄大さ
各地に沢山ある魅力的な場所

美味しくて素晴らしい
食材や料理の数々に出会いました。

そして、生産者の皆さんは
それぞれに真摯で
強いこだわりや想いをもって

日々懸命に全力で
食材や料理や商品を産みだし

これらにガチンコで向き合っている。

でもね、一方で担い手不足など
様々な課題を抱えていて

皆さんが紡いできたこと

今も紡ぎ続けていること

感嘆し感動する「ものがたり」が

「伝えられていない」

「伝えきれていない」現実がある。

一握りの大企業を除けば

全部ひとりで、自社で
やるなんて、どだい無理な話。

たがいに得意分野を極めた上で
自分や自社に足りないことは

つながって、連携して
のり越えていけば、それでいい。

取材を重ねるごとに
この想いが強くなるのでした。

ウェイクアップ北海道↓
https://bit.ly/3nhcF0B

で、全力でお手伝いをしますので
お気軽にご相談くださいませ!
https://bit.ly/2S1NtRc