アーカイブ
archive

あえて「言えない。」「言わない。」

2017.09.30 (土)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

 

 

【9月30日(土)】

 

 

<ダイジェスト>

終日、東京都内。

 

 

<時々刻々の記>

午前中は電話やらメール対応で
あっという間に
時間が過ぎ去りました。

 

 

お昼に30分ほど
葬祭会社と打ち合わせをして
その後、東京事務所へ。

 

東京事務所で2時間半ほど
デスクワークをして
向かうは東京駅。

 

広島で外科医をやっている
同い年の親族であり
友であるJ君を迎えに。

 

18時前にJ君と
東京の実家へ。

 

 

父の顔を見てくれて
その後皆で、夕食を共にして
2時間ほどの語らいを。

 

J君は
22時に東京駅を出発する

寝台特急でとんぼ返りの
強行軍のため
東京駅まで送り届けて

一日の課業を終了しました。

 

 

_____________________

■<2> あえて「言えない。」「言わない。」
_____________________

 

 

親戚のJ君とは同い年で
父同士も同じ商売をしていて
仲が良かったこともあり

幼少の頃から夏休みに
広島でよく、遊んでいました。

 

 

彼は外科医となり
24時間、気持ちの休まらない
過酷な生活をしており

私はといえば
好き勝手に飛び回っていて

こんな弔事でもないと
滅多に会えません、、、

 

 

J君も父親を6年前に
66歳の若さで失いました。

 

 

私にとってもJ君の父親は
父の郷里、広島の「第二の親父」
だったので、

強いショックを受けたことを
今でも思い出します。

 

 

J君は医学の専門家なので
家族であっても冷徹な
事実を把握できてしまう立場。

 

 

私とは比べ物にならない位
遣る瀬無い
思いではなかったかと。

 

 

移動の際中に二人だけで
話をしてたら

 

互いの亡き父が
自分の息子ではなく
それぞれの息子に対して

言っていたことなんかを
互いに初めて知ったりしました。

 

 

親子だから言えること。

 

 

親子だから言えないこと。

 

 

様々な想いや理由が
あったのでしょう。

 

 

嘘とか隠し事じゃなくて
近しいからこそ
仲間同士だからこそ

「言わないこと。」

「言えないこと。」

 

 

ヒトの心の複雑さを
改めて感じ入るとともに

「コミュニケーション」の
難しさ、大切さ

人間関係、ビジネスにおいての
「永遠のテーマ」を
再認識した一日でありました。
 

 

____________________

ビジネスの「あるべき神髄」を垣間見る。

2017.09.29 (金)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

 

 

【9月29日(金)】

 

 

<ダイジェスト>

終日、東京都内。

 

 

<時々刻々の記>

昨日から一転、好天な東京。

 

 

朝7時過ぎに実家を車で出発し
目指すは東京駅。

 

岩手より齢80歳になる叔母と
大阪より齢77歳の叔母が

父の訃報を聞いて
駆けつけてくれたので出迎えに。

 

 

10時過ぎに二人の叔母を実家に
送り届けて、私はそのまま
足立区役所へ。

 

 

父の死亡届を提出し
火葬許可証を貰いと

「遺族の方へ」という
そこそこ厚みのある
手続きマニュアル?を貰い

待ち時間にパラパラとめくり
やることが結構あるなと
ちょっとビックリ、、、

 

 

窓口の方のアドバイスで
保険と年金関係の窓口巡りを
したら、

あっという間に2時間経過、、、

 

 

慌てて実家にリターンして
13時より
葬祭会社さんとの打ち合わせ。

 

 

想定外の3時間を要して、
16時に打ち合わせ、終了。

 

 

少し休憩?して
その後は実家でデスクワークと
諸事電話の対応など。

 

 

夜は横浜在住の
弟一家も駆けつけて
総勢9人の大家族で晩御飯。

 

 

8歳の姪と2歳の甥がダンス?を
披露してくれて
大いに楽しませてくれました。

 

 

久しく見ていなかった
母の笑顔を見て
父も喜んでいると思います。
 

 

_____________________

■<2> ビジネスの「あるべき神髄」を垣間見る。
_____________________

 

 

何分にも家族を失うのが
初めての経験なので
まあ、知らないことだらけ、、、

 

 

死亡届を実家最寄りの
区民事務所に持っていったら
「本庁舎でお願いします。」

と、いきなり1コケ、、、

 

 

区役所の本庁舎は月末?金曜日?
のせいか、大混雑なうえに

手続きの種別ごとに
窓口が違いますということで
行ったり来たりで時間が、、、

 

 

葬祭会社との打ち合わせでは
冒頭
「死亡届はお任せ頂ければ
良かったのに。」

と1フライング、、、

 

 

亡き父は昔気質な一方
因習に拘らない合理的な
ヒトだったので

宗派は?家紋は?等々
父は家族にそういった類の
話を全くしておらず、、、

私だけ偶然にも幼き頃から
父の郷里の広島へ
良く行っていたので

記憶を辿りに掘り当てつつ
葬祭会社のご担当の
的確なナビゲートで

何とか
タスクをクリアしましたと。

 

 

仕事と違って段取りを
事前にできないので
まあ、疲れました(笑)。

 

 

それにしても、葬祭業というのは
ビジネスとしては非常に
学ぶべきものが多いですね。

 

 

概してこの手の状況の場合
お客様は悲嘆に暮れて

正常な心理状況でないことが
多いのでしょう。

 

 

その傍に寄り添って
必要な情報を集め

タスクを整理して
まとめ上げていくと。

 

 

業者によって違うのでしょうが
葬祭終了後の
様々な法的手続きなども

ワンストップで
ご相談に乗りますと。

 

 

こんな時に不謹慎と
皆さまに叱られそうですが

「困りごと」に「寄り添い」

「解決する。」こと。

 

 

あるべきビジネスの
神髄を見た気がします。

 

 

____________________