アーカイブ
archive

2018年の「テーマ」を回顧。

2018.12.31 (月)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【12月31日(月)】

<ダイジェスト>

終日、東京都内。

2018年、そして
平成最後の大晦日の東京は
寒いけど晴れて穏やかな一日でした。

 

 

 

<時々刻々の記>

午前中は今更ながらの(汗)
自宅の自分の部屋のお片付け。

 

月に数日しかいない
生活感のない部屋にあるのは
殆どは書類や書籍なので

 

その処分ですが(笑)。

 

終えて昼過ぎに自宅を出発し
新年早々から始まる
ホテル暮らしに必要な

日用品の補充と

洗車を。

14時前に事務所について

今度は事務所の身の回りの
整理整頓(爆)&タスク処理。

 

東京も札幌も
事務所全体の大掃除に
貢献してないのを反省しつつ、、、

 

17時半過ぎ、暫く使わない
大家族に不向きな愛車を
事務所近くの駐車場に残して(寂)

がら空きの電車で

自宅最寄りの駅まで戻り

末弟が車で迎えに来てくれて

19時前に帰宅。

 

大家族で夕食を共にした後は
直後に2時間ほど爆睡していまい
起きたら紅白はオオトリの手前、、、

 

石川さゆりさんと
サザンオールスターズをBGMに
去りゆく2018年を回顧したのでした。

 

今年も関わってくださった
全ての皆さまに感謝。多謝。深謝。

 

 

 

________________________

■<2>2018年の「テーマ」を回顧。
________________________

元日に配信させていただく
メルマガ(ブログは12月31日)で
2018年を振り返るのも

 

どうかと思いつつも(笑)
2018年の年初に立てた

 

自分の行動指針というか
自分に課した標語を
思い返しました。

 

その言葉は「原点回帰」。

 

https://hokkaidopvgs.jp/date/2018/01/01/

 

自己採点させて頂くと
100点満点とはいかないものの
「合格点」には到達できたかなと。

 

2018年の5月までは
その為の「地ならし」と「準備」。

 

それが功を奏したのか?
6月以降、様々な物事が
大車輪の如く動き出した。

 

その取り組みを支えて下さり
 新たなチャレンジやご縁を
  下さったのは

 

全て昔から累々と続く
 ヒトの繋がり「ご縁」
ございました。

今までになかった
海外勢とのビジネスの加速や

 

長年に渡りお付き合いしていた
皆さまとのビジネスの開始や拡がり。

 

感謝に尽くせぬ想いと共に
2019年これらの活動を
更に発展進化させねばと。

 

日付変更線を跨ぐ
ゆく年くる年の鐘の音を
聞きながら

 

ヒトリ感謝の想いを
新たにさせて頂きました。

____________________

「量」に「質」と「密度」を。

2018.12.30 (日)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【12月30日(日)】

<ダイジェスト>

静岡県伊東市より

東京は品川、

神保町を経由して

2週間ぶりに東京自宅へ。

伊豆も、東京への帰り道の沿道も

素晴らしい青空が広がった
寒かったけど冬晴れの一日でした。

 

 

 

<時々刻々の記>

朝9時過ぎに
スッキリと遅めの目ざめ(笑)。

 

起きて即座に
天然温泉かけ流しの朝風呂(嬉)。

 

まるで熱海の敵を
伊豆でとるが如くに(爆)。

 

風呂から上がると
これぞ「日本の朝飯」を
皆さんと一緒に食べて

 

後は大邸宅の庭を眺めながら

この家のもう一人?の主
ホワイトシェパードとノンビリ。

 

夢の時間はあっという間に終わり
昼過ぎに伊豆高原駅まで
Hさんに送って頂き(大感謝!!)

年明けの再会を約して
お礼と年末の挨拶をしてお別れ。

 

伊豆高原駅を12時47分発の
踊り子106号で後にして

向かうは東京は品川。

 

最初は空いてたのに
次の伊東駅でほぼ満席となり(驚)

 

2時間弱の今年最後の鉄旅で
14時42分に品川着。

帰省ラッシュで混雑する
駅をくぐり抜けて

待ち合わせ場所に向かい

三日連続でダブルYさんと合流し
今年最後の詰めのお仕事を。

 

17時前に無事、本年分の
成果物を作成完了させ
お二人と握手してお別れ(大感謝!)。

 

私はそのまま徒歩圏内の
ストレッチ整体に赴いて

今年の疲れの棚卸し?を(爆)。

 

K先生に挨拶してお別れして
神保町の東京事務所へ。

1時間半ほど事務処理をして
ヒトケがほぼゼロのマチから

久しぶりの東京自宅へ。

 

皆さんの公私にわたる
ご厚情に大感謝の一日でした。

 

 

 

________________________

■<2>「量」に「質」と「密度」を。
________________________

僅か24時間弱の滞在でしたが
三年連続でお世話になっている
年末恒例となった(感謝)

 

某邸宅での憩いのヒトトキでした。

 

オーナさんはこの邸宅で
お仕事されることも多いので
モチロン、快適なネット環境があります。

 

だけでなく、仕事に必要な
あらゆるツールが揃ってる。

 

が、この邸宅に入ってから出るまで
PCを開けることなく、というか
仕事用の鞄を開けることすら

 

全くありませんでした(汗)。

 

それも、そう決めたんじゃなく
自然体的な結果論でして
普段生じる、半ば病的な

 

直ぐにPCやスマホを取り出す
衝動に全く駆られなかった。

 

素敵でくつろげるハードはもとより
オーナーご夫妻やご一緒した

 

皆さんの人柄や
さり気ない気配りという
「ソフト」も合わせた

 

集大成がそうさせたのだと思います。

 

改めて振り返るに
ナカナカこういう

「質」の良い

休息はホント難しい。

 

仕事も休息も

「一定量」の時間は必要

ですけれども

 

同時に「密度」と「質」を高めるために

何をすべきか。

どこに身を置くべきか。

 

残り少ない年末
そして迎える新年でも
希求し続けて参りたいと思います。

____________________

変わらぬ「基軸」は「温泉」です。

2018.12.29 (土)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【12月29日(土)】

<ダイジェスト>

終日、静岡県内。

昼過ぎまで熱海に滞在し

午後の特急で伊豆高原へ。

一日を通して快晴の
行楽日和?なお天気でした。

 

 

 

<時々刻々の記>

朝8時半に
コーワークメンバーと集合して
市内某所のお客先に移動。

 

事前の段取りと皆さんの
ご協力に支えられ(大感謝)
各パートに分かれての

 

ヒアリングと打ち合わせは
予定の内容を全てこなして
13時前に無事終了。

 

終えて三人で熱海駅前に向かうと

まあ、お日柄的に予想はしてましたが
凄まじい人出(爆)。

各自、荷物もそれなりにあるので
そぞろ歩きは早々に諦めて(笑)

駅前の昭和感満載な

正統派の洋食屋さんでランチ。

ランチを終えて
パートナーのお二人は東京へ。

 

私は何故か(笑)
伊豆半島を南下するために
14時21分発の

スーパービュー踊り子7号に乗車。

向かうは3年連続で
年末恒例で訪れている伊豆高原。

 

若干の遅れで15時過ぎに
伊豆高原駅に到着し

迎えに来てくださったHさんの
センス溢れる高級車で大邸宅へ。

オーナーのHさんはこれを
「合宿所」と称していますが

 

私の感覚では
上げ膳据え膳付きの高級別荘。

 

初対面のHさんのお仲間(先輩)や
奥さまにご挨拶したのちは

 

かけ流しの源泉で疲れを癒し
夕方から呑んで食べて語らって

 

夜も更けた後は
囲炉裏と暖炉に囲まれて過ごした

PC開けずの至上の夜でした!

 

 

 

________________________

■<2>変わらぬ「基軸」は「温泉」です。
________________________

1泊2日で訪れた「熱海」。

 

今度は仕事じゃなくて
ノンビリと「温泉」にでも

 

時間を忘れて
ゆっくり浸かりたいな(笑)。

 

そう、「熱海」と聞いて
恐らく皆さん必ず
「温泉」を連想するかと。

 

余程のへそ曲がりじゃない限り
「干物」にはならないかなと(笑)。

 

一方、かつての熱海といえば
企業の慰安旅行だ!とかの
団体さん相手のイメージが強く

 

ハードなどのインフラも
自ずとそっちよりが多くて
個人客が行きずらい印象があった。

 

短時間とはいえ私が見る限り
端境期の様相もありますけど

 

何たって日本全国に展開する
有名な「東●イン」さんがあって

私らのようなビジネス客以外にも
観光を楽しむ内外の個人客がいたり

 

分譲型やシェア型の保養メインな
マンションが立ち並んだりと
随分、様変わりしてましたね。

 

時代背景やニーズの多様化で
ハードやサービスのあり方は
変遷していかねば

 

シビアで悲しい話ですが
没落は避けて通れない、、、、、

 

でも、ただオシャレに
パーソナルユースに変われば
いいってもんじゃなくて

 

「温泉」という、今も昔も変わらない
1本のシッカリとした基軸だけは
変えずに貫いていくこと。

 

生みの苦しみはありますが
 そんな時こそ自分や自社の
  「1本の基軸」だけは

 

絶対にブラしちゃいかんですね。

____________________