北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

一日に一度、俯瞰する。

2017.08.31 (木)

 

昨日の講習会では
既知のおさらいをしつつ
いわゆるSWOT分析などを。

発表して、皆さんのお話しを聞き
ディスカッションしたり。

自身の出来の是非はさておき
冷静に時間内に淡々と
ワークできる訳です。

僭越ながら
俯瞰できるというか。

ところが自分のことになると
時に猪突猛進、後先考えず、、、

その末路と事例が昨晩の
二次会、殆ど寝落ちの罪。

己の体力や状況も弁えず
一次会から一人勝手に
楽しくかっ飛ばし

その後の展開を想定せずと。

皆さんとゆっくりお話しする
折角の機会を
自ら不意にした訳です、、、

楽しいとき、高揚している時
メンタルがいい感じの時こそ
俯瞰することを忘れない。

反省の日々です、、、、、



スポンサードリンク

持つべきものは、耳心地の悪い仲間。

2017.08.30 (水)

 

何だか最近、毎日同じことで
反省している私です。

本日は
腹蔵ないインタラクティブな

セッションをして
意味ある気づきを頂いた
濃密な時間。

私も相手に言わなきゃいけないし
当然、聞き耳立ててあれこれ考えます。

でも別な感情がブレーキをかける。

それは
「嫌われたくない」です。

無論、誰彼構わず思うがままに
放言し放題したら
社会から追放です、、、

でも言わなきゃいけない時
この人だから敢えて言わないと。

人生やビジネスで
誰しも局面がある筈です。

その来るべき時に備えて
共に研鑽し、敢えて

時に耳心地が悪い仲間と場所を持つことを
お薦めします。

そして仲間に感謝です。



「3つもり」克服の道のり。

2017.08.29 (火)

 

今日も多くの方々と
電話やメールや対面で

様々なセッションを
させて頂きました。

その中で
特に刺さった三つの言葉。

「矜持」「実用」「一言」です。

一人一語じゃありませんが
それぞれの言葉を発した方は

立場も職種もバラバラで
互いに面識もない。

でもそれが不思議と私の中で
一つのセンテンスになりました。

ご披露しますと

「矜持」を持って
「一言」で「実用」を伝える。

これが中々思うように
できない訳です。

「矜持」を誤解され

「一言」が散文になり

「実用」が伝えきれず

てな感じです。

こうして表現すると結局
これらは全て
自分の至らなさの結末。

「示したつもり」

「言ったつもり」

「やったつもり」

この「3つもり」。

人との交わりや
ビジネスセッションにおいて
永遠の課題。

でもこれを突破できれば
あらかた解決だったりします。



 «   2017年 8月   » 
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 2024年6月 (9)
  • 2024年5月 (21)
  • 2024年4月 (21)
  • 2024年3月 (31)
  • 2024年2月 (29)
  • 2024年1月 (31)
  • 2023年12月 (31)
  • 2023年11月 (30)
  • 2023年10月 (31)
  • 2023年9月 (30)
  • 2023年8月 (31)
  • 2023年7月 (31)
  • 2023年6月 (30)
  • 2023年5月 (31)
  • 2023年4月 (30)
  • 2023年3月 (31)
  • 2023年2月 (28)
  • 2023年1月 (31)
  • 2022年12月 (31)
  • 2022年11月 (30)
  • 2022年10月 (31)
  • 2022年9月 (30)
  • 2022年8月 (31)
  • 2022年7月 (31)
  • 2022年6月 (30)
  • 2022年5月 (31)
  • 2022年4月 (30)
  • 2022年3月 (31)
  • 2022年2月 (28)
  • 2022年1月 (31)
  • 2021年12月 (31)
  • 2021年11月 (30)
  • 2021年10月 (31)
  • 2021年9月 (30)
  • 2021年8月 (31)
  • 2021年7月 (31)
  • 2021年6月 (30)
  • 2021年5月 (31)
  • 2021年4月 (30)
  • 2021年3月 (31)
  • 2021年2月 (28)
  • 2021年1月 (31)
  • 2020年12月 (31)
  • 2020年11月 (30)
  • 2020年10月 (31)
  • 2020年9月 (30)
  • 2020年8月 (31)
  • 2020年7月 (31)
  • 2020年6月 (30)
  • 2020年5月 (31)
  • 2020年4月 (30)
  • 2020年3月 (31)
  • 2020年2月 (29)
  • 2020年1月 (31)
  • 2019年12月 (31)
  • 2019年11月 (30)
  • 2019年10月 (31)
  • 2019年9月 (30)
  • 2019年8月 (31)
  • 2019年7月 (31)
  • 2019年6月 (30)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)