ご縁ゴト
goengoto

★Wake Up Hokkaido!★【取材ツアー「道北編~雄武・枝幸・豊富~」2日目】

2019.11.15 (金)

 

 

 

<ダイジェスト>

オホーツク海に面した雄武(おうむ)町から
海沿いに北上して枝幸(えさし)町を経て
5年ぶりに豊富(とよとみ)町へ。

 

 

曇りから断続的に雪が降り続き($・・)/~~~
沿岸部は風が強かったですが
心配していた猛吹雪には見舞われず!(^^)!

無事に豊富温泉に到着しました(^^;)
 

<時々刻々の記>

「Wake Up Hokkaido!」

https://goo.gl/RE2RQr

取材ツアーの2日目は朝9時、

宿泊した「ホテル日の出岬」さんの
展望室からの実況中継?でスタート。

 

んで、真っすぐ目的地に
行けばいいものを
岬に心誘われて(笑)至近の「日の出岬」へ。

 

朝風呂で暖まった身体は
一瞬にして冷え込んで(爆)反省しつつ、本来の目的地へ。

 

 

車で北上すること約10分
昨日もお邪魔させて頂いた

名寄といえば、若鶏の半身焼き(^^;)
「鳥まる」さんの移動販売車へ。

https://ameblo.jp/torimaru-kenchan/

 

水口さんご夫妻は
仕込みの真っ最中なので
明日の再会をお約束してから

一路、次なる目的地の
枝幸町に向かい始めるも
ピンマイクがなくなっていることに気付き

再び雄武の道の駅へ逆戻り(T_T)。。。

 

 

水口さんご夫妻とスタッフOさんにも
ご協力頂いた結果、奇跡的?に地面から発掘(反省)。。。

 

 

ようやっと北上を開始すること
約1時間チョイで、水口さんよりご紹介ただいた

枝幸町の「う美蔵(うみくら)」さんに到着。

 

 

盛りだくさんの海鮮御膳を頂いて(*^-^*)

 

その後はオーナーの升田さん
ご担当の畠山さんから
ここまでに至る想いをお聞きして

美味しいケーキとコーヒー
更にココだけの限定販売の
「柚子海鼠(ゆずなまこ)」をご馳走になり

お店の中を見学させて頂いて
気づけは2時間超滞在して( ;∀;)
丁重にお礼を申し上げてお店を後に。

 

で、本日の逗留地である
豊富温泉を目指して車を走らせた矢先
見覚えのある看板が!!

 

 

そう、1年チョイ前の視察会で訪れた「千畳岩」(笑)。

 

 

強風の中、完全貸し切り状態で(爆)

眠気も完全にぶっ飛んで(笑)ようやく目的地に進み始め

16時半過ぎに、約5年ぶりに豊富温泉の

川島旅館さんに到着!!!

http://kawashimaryokan.co.jp/

 

フルリニューアルされた空間は

最高の居心地でございます(*^-^*)

 

 

癒されながらもデスクワークして
18時半過ぎより、晩御飯スタート( ^)o(^ )

 

和洋折衷で創意工夫を凝らした
数々のお料理を堪能させて頂き
最後はデザートまで完食し

女将の松本さんと
楽しい会話をしてからの

初体験、美肌の湯の温泉入湯!!

 

 

 

本日も新たな出会いと
懐かしき再会に
大感謝の一日でございました(^^;)

★Wake Up Hokkaido!★【取材ツアー「旭川・道北編」1日目】

2019.11.14 (木)

 

 

 

<ダイジェスト>

旭川市から隣接する当麻(とうま)町へ。

 

 

当麻町から徐々に北上し
剣淵(けんぶち)町、美深(びふか)町を経て
オホーツク海に面した雄武(おうむ)町で逗留。

 

 

曇りから雨、その後は時折
晴れ間が覗くも、天気予報通りに
雪が降り始めて、トコロによって

運転が怖いくらいの吹雪となりました(T_T)
 

 

<時々刻々の記>

「Wake Up Hokkaido!」

https://goo.gl/RE2RQr

取材ツアーの1日目は、8時前に旭川駅近くの
ホテルをチェックアウトして、

レンタカーを借りて旭川空港へ。

9時過ぎに羽田より到着した、スタッフのOさんと合流して
恒例のスタート動画撮影(笑)。

旭川空港の端々で、漏れ聞こえる話が耳に入り

そうか!今日から札幌で「嵐」のコンサートだったか!

 

 

正に「嵐」が「嵐」を呼んだ感(汗)。

 

 

てな話はここまでにして(笑)
旭川空港より車で40分ほどのJR石北線の当麻駅へ移動。

10時、当麻駅構内にある、当麻グリーンライフさまを訪問。

http://tohmagreenlife.co.jp/

ご担当の高橋伸行さんに暖かくお出迎え頂き(感謝!)

1時間ほどこれまでの歩みや
生産されている食材や商品の、お話をお聞きして

自慢の逸品、トマトジュースと甘酒のコラボ商品の試飲と

大量のお土産を頂きました(深謝!)

この後、雄武まで行くという話をしたら、

高橋さんに「くれぐれも気を付けてね。」と

ご心配まで頂戴し厚くお礼申し上げて
安全運転で移動をスタート( ^)o(^ )

 

 

正午過ぎに、当麻町から車で1時間ほどの

「道の駅、絵本の里、けんぶち」に到着。

http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/2782/

着いて気付いた(汗)
3年前の視察会で立ち寄ったことを。。。

 

 

今回はじっくり見学させて頂き

隣接するレストランで、寒いので天ぷらそばを頂いて!(^^)!

更に名物の「バターメロンパン」を
おやつ?デザートで食べちゃいました(爆)。

腹一杯で眠気に襲われましたが(汗)
気合いを入れ直して13時過ぎに移動を開始。

 

 

名寄美深道路を経由し

内陸から徐々に東のオホーツク海を目指して移動してると

途中から鉄男の大好物(笑)
よく整備された線路が見えてきて、赴くままに行ってみると

旧国鉄の美幸線を活用した「トロッコ王国」を発見!!

https://www.bifuka-kankou.com/torokko.php

迷わず真っすぐ寄り道して(笑)
近づいてみると、残念、お休み(泣)。。。

このままでは目的地につかないので(汗)
心を入れ替え、車を再び走らせ

15時半過ぎにAコープ雄武前の
出張(移動)販売車に到着(#^^#)。

名寄名物、若鶏半身焼きでお馴染みの
「鳥まる」の店主、水口さんと
10か月ぶりの再会を(^.^)

https://ameblo.jp/torimaru-kenchan/

小1時間ほど歓談して晩飯の約束をして、一旦お別れ。

 

 

約10キロほど南にあるホテルへの道のりは猛吹雪に(泣)。

 

 

17時、何とかホテルに到着して

パパッとデスクワークを済ませてから
19時、水口さん夫妻と再びの合流
マチナカの「なごみ家 はる」さんへ。

https://tabelog.com/hokkaido/A0110/A011004/1022493/

呑んで呑んで食べてと(笑)
楽しい時間はアッという間に過ぎて
22時過ぎ、明日の再会を約してお開き。

 

 

新たな出会いと懐かしい再会に、感謝の一日でございました(^^;)

仏(ほとけ)も「三度目」には、愛想が尽きる。

2019.11.13 (水)

 

 

 

お客様と打ち合わせの際に、お客様が私に仰ったお言葉。

 

 

「三度目の正直だと思って●●さんを信じて任せたんだけど
期待外れもいいとこだった。」

 

「仏の顔も三度までだわ。」

「なので、●●について
誰か別な人(会社)を紹介してくれません?」

 

 

「三(3)(さん)」という言葉(数字)って

 

改めて思いますが、不思議というか何というか。。。

 

 

「三」がつく諺(ことわざ)って多いですよね。

 

「三人寄れば文珠の知恵」

「三日坊主」

「早起きは三文の得」

「三人寄れば文殊の知恵」

「石の上にも三年」

「三つ子の魂百までも」

などなど、挙げだしたらキリがない。

 

 

何故なんだろう?とネットを検索してみたら
スピリチュアル系やら、何やら諸説飛び交ってます(爆)。

 

 

何故?の探求は暇な時にするとして(笑)

冒頭に紹介した、私のお客さまのお言葉や
思いついた上記の事例だけ見ても

「良い教訓」と「悪い教訓」が混在してる。

ま、言葉遊びというか
脱線的思考はここまでとしまして(汗)

冒頭のケースでご紹介したような
悪い教訓で使われる「三(3)」を
自分が知らず知らずのうちに

結果としてお客様はもとより
対人関係でやっていたら

「覆水盆に返らず」となるのは間違いない。

しかも、大抵の場合

本人に警鐘を伝えることなく

お客様(お相手)にフェードアウトされる。。。

 

今回、ご相談に乗ったケースでも
お客さまが見切りをつけた相手を
ワタシ、間接的ではありますが

知っている方なもんですから
余計、そんなことを感じました。

 

 

だって、私もそのヒト(見切られた方)に

「やばいですよ●●さん。仏の顔も三度までですよ。」

って、言わないですもん。

誰だって口うるさく
ガミガミ言われるのは嫌ですけど

こう考えると、「言われるうちが華」ですね。

発した言葉(約束・宣言)は、些細なことでも
責任もって、キッチリ白黒つける。

お互いに気を付けたいですね。

「滲ませる」が、本物のプロフェッショナル。

2019.11.12 (火)

 

 

 

餅は餅屋といいますか
「本物のプロ」ってのは凄い。

今回、とあるインタビューを
お受けさせて頂いたのですが

インタビュアーが大阪の方で
お互いの都合が良い日時に
私は札幌に在所ということで

電話でインタビューをして頂きました。

実はお話を頂いた時は
正直なところ、お断りしようかと
思っていたんです(T_T)

 

 

理由は私の些末な拘りですが
初めての方とは「対面」で
お話をしたいという理由です(汗)。

 

 

生意気ながら今後
お付き合いさせて頂けるかどうかを
全身で感じたい、みたいな気持ち。

 

 

俗に言う「第一印象」ってやつですね(^^;)

 

で、話を戻して(汗)
結果、どうなったかというと

 

「是非、今度はお会いしてみたいなあ。」

 

となったワケです。

 

 

インタビューということだったので
質問されて、それに答えると
私はイメージしておりましたが

その予想は良い意味で裏切られた。

 

 

何故なら「会話」と「対話」が
 しっかりと成立していたから。

これを直接対面せず
初めて話す人間と電話で成立させる
プロフェッショナルぶりに脱帽でした。

 

声色がいいとか、喋りが上手いとか
そういうことではなくて

私が驚きを隠せないほど
私のことを事前によくお調べに
なっていたことが伝わってきた。

 

しかも、それを自らアピール的に一切、仰らない。

 

「会話」と「対話」の節々で
私が「もしや?」と思って
お尋ねして初めて

「はい。●●を読みました。」と。

 

 

文字に起こせば至極当然ながら

「本物のプロ」ってのは 
  事前の準備を、やり尽した上に

しかも、それを相手に対して、一切ひけらかさずに

さり気なく、行間に「滲ませる」。

 

 

感謝と感嘆と共に、私なんぞ、マダマダ未熟。。。

 

 

修行し続けます。

「上げて」からの「下げる」は、NGですよ。

2019.11.11 (月)

 

 

 

とある先に自分の会社の
登記簿謄本を提出したんですが
うっかり古いのを出してしまいまして(反省)

取り直しに東京法務局へ
久しぶりに行ってまいりました。

久しぶり過ぎて以前の記憶が
全くと言っていいほどアリマセンが(汗)。

 

 

多分、混んでるだろうし
時間、かかるだろうなあと思って
かなり余裕を持って行きました。

 

 

着くと係りの方が
丁寧に対応して下さり
「あちらの機械でできますよ。」と。

 

 

おおー!謄本の取得も、ついに端末で完結か!

 

 

こりゃいいやと、列に並んだのでした。

 

 

サクサク進んでアッという間に
自分の順番が来ましてね

よっしゃ!と操作したら「ん?あれれ。。。」。

 

 

何と、今まで手書きしていた
申請用紙の部分だけが
端末入力に変わっただけだった(泣)。

 

 

なので、そこからは窓口で印紙を買って

(因みに、キャッシュレスNG)

後は呼び出されるまで、ひたすら「待つ」。

 

 

個人的には「何だかなあ」って感じ(爆)。

 

 

因みに前後左右で待ってた方々と
「ですよねえ」的に不思議な意気投合(笑)。

 

 

私の「何だかなあ」と
待たれていた皆さんの「ですよねえ」は
端末で完結できないのは、何故??

 

 

じゃあ、なかったんですよ。はい。

 

 

何かと言いますとね

「高まった期待を折られた」コト。

 

 

コッチは最初から
誠に失礼ながら期待してなかった。

 

 

どうせ時間かかるし
全部アナログでしょ、みたいな。

 

 

が、行ってみたら
ご案内係りの方は丁重で優しく好印象。

「こちらの端末で出来ますよ。」で
前段で書いたように期待値アップ。

 

 

が、蓋をあけたら
「あれ?完結できないじゃん。」でした。。。

 

 

これ、言葉足らずが産む誤解が全て。

 

ご案内の際に

「こちらの端末で、今まで手書きだった
取得の申請が出来ますよ。」

 

 

と、二言三言添えておけば

「そうなんだ」と納得できましたし

端末の操作完了と
取得申請がイコールになってましたから

以前(手書き時代)に比べたら、
待ち時間も短くなりましたんで

今日のメルマガとブログは

「いやー。法務局の待ち時間が
短くなって良かったですわー。」

 

になってた筈(笑)。

 

 

シンプルで簡潔なのは
概してよいコトだと思いますけれど

「言葉足らずが生む誤解」で
 お客さんの期待値を「上げて」から

「えー。違うじゃん。」

てな感じで「下げる」のだけは
 絶対に避けましょうね。お互いに。

 

選択肢が他になくて
しかも、欠かせない商品やサービスを
提供してる方々は、該当しませんが。。。

 «   2019年 11月     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 2019年11月 (15)
  • 2019年10月 (31)
  • 2019年9月 (30)
  • 2019年8月 (31)
  • 2019年7月 (31)
  • 2019年6月 (30)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)