北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

ぼったくり悪徳業者も、いるにはいます。でもしっかりと見分ければ使えます。

2021.01.16 (土)

 

先日、給与ファクタリングを
行っていた業者が当局に摘発されてました。

かしこまった書き方してますが
ようは悪徳業者で
出資法違反で捕まったってこと(爆)。

すでに判例がありますが
業者がこれはファクタリングだ!
と主張しても給与債権の買取は
貸金業とみなされるからです。

ところで「ファクタリング」ってなにさ?

について簡単に説明しますと

たとえば皆さんの会社がお持ちの
売掛債権が100万円あったとします。

でもその売掛債権が
実際にお金になるのは3か月後。
(支払期日・支払い条件による)

ちょいと資金繰りが厳しいので
現金が早めに欲しいんだよなあ。

という時に
ファクタリング業者が
その売掛債権を買い取ってくれて
代わりに現金を支払ってくれる。という仕組み。

察しがつくとは思いますが
ファクタリング業者もビジネスですから
手数料を取られます。

業者によってまちまちですが
おおむね手数料率は1%から10&の範囲内。

なので売掛債権100万円を
ファクタリング業者に買い取ってもらうと
90万円~99万円の現金が早く手にできるというわけ。

冒頭に極論を紹介しちゃったので(汗)
なんだか怪しいなあと思われるでしょうが

上場企業をはじめ
ちゃんとした事業者を選べば
特段問題はないと私は思います。

特にこんな世情ですから
資金調達や資金繰りを
なにか一つに依存するのは極めて危険。

使う使わないは別にして
手段や方法を複数知っておく
持っておくことが大切だと考えます。

先日、先進的取り組みで名高い
某信用組合の会長のお話を聞いた際も
「組み合わせ」が大切という言葉が出ました。

言葉に書けば
ありふれた表現になりますが

そう、なにごとも
組み合わせと分散じゃないかなあ。

自社を守りきるためにも
資金調達や資金繰りといった
ファイナンスに関してのリテラシー。

人任せにせず
経営者自ら高めてくださいませね。

そんなお手伝いを
下記プログラムでご提供します!
お気軽にご連絡くださいませ↓

※聞いた後からすぐに使えるノウハウをお渡しします※
『起死回生の資金調達法~土壇場の哲学、修羅場の論理~』

※個別・出前講座と個別相談をパッケージでご提供!
(オンライン・対面、どちらでもOKです)
お問い合わせ、お申し込みは下記よりお願いいたします。
https://bit.ly/3lSWw0D

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

諦めていたあなた!まだ大丈夫。2月15日まで延長になりました!

2021.01.15 (金)

 

持続化給付金と家賃支援給付金の申請は
本日(15日)が受付の終了日です。

ですが昨日、経済産業省から
2月15日まで受付を延長しますと
発表がありましたね。

ただし新型コロナ感染拡大で
申請書類の準備に時間がかかる場合など
特段の理由があればという条件付き

それぞれのホームページも
上記を反映・更新していますので
詳細は下記をごらんくださいませ。

持続化給付金↓
http://bit.ly/2Lx64BO

家賃支援給付金↓
http://bit.ly/3nJGjeH

個人的感想をあえていえば
土壇場でどんでん返しで
もちっと早く発表して欲しかったですがw

いずれにしても
まだ申請がお済みでない方には朗報です(^.^)

ただ、1か月なんて
なんだかんだあっという間ですから
今度は先送りしないで
今週末にでも対応してみて下さいね。

そして今回の延長で
たとえば昨年11月まででは
申請用件に該当しないなあ

なんて方々も

足元で急激に拡大している
新型コロナの感染により
昨年12月の売上が大幅に減少し
申請要件に該当する可能性もあります。

中小零細企業では
なかなか迅速に月次決算が
できているとは限りませんが

お付き合いしている税理士さんなどに
ご協力をお願いするなどすれば
今回の期限延長によって
申請が間に合うんじゃないかと思います。

1日も早い感染拡大の収束が
根本的な解決策ではありますが

個人や企業単位の努力だけでは
いかんともしがたいのも事実。

ひび色んな情報が出てきて
把握と整理が大変だと思いますので

私も可能な限りアンテナを高く
お役に立つ情報を収集整理して

このブログをはじめ運営している各種メディアで
皆さまにお届けするようにいたしますね。

下記の公式LINEアカウントでも
随時情報配信いたしますので
宜しければぜひ、ご登録ください(^.^)
https://bit.ly/354PpeB

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

ここから先は、遠慮なんかしちゃダメです。聞きまくってくださいませ。

2021.01.14 (木)

 

今日は一昨日のブログ(下記)の
https://bit.ly/39vsR9d

続き的なことを書きますね。

なぜならば現在進行形で日々動きがあるのと

個人間、あるいは
ごく小規模のM&Aに取り組む方から
類似の質問が結構寄せられるもんで(^.^)

前回は買い手が売り手に
なぜ?どうして?興味を持ったのか?

ここが全てのスタートですよ!
なんてことを書きましたが

買い手の真摯で熱い思いが
売り手に伝わって
売り手が「あなたならぜひ!」となった。

ので、具体的な質疑応答や
調査のフェーズに入ることになりましたが

買い手から

「ガリガリやったら
売り手との良いムードに
水を差しちゃったりしません?」

という心配の声(相談)を受けました。

私の回答(アドバイス)は
いたってシンプル「心配ご無用!」です。

聞きたいことや調べたいことを
相手の顔色をみて遠慮する必要は一切ありません。

ガチでいきましょ。ってこと。

もちろん俺は金を出す立場だ!
なんて上から目線はNGですし
人としての礼節を保つことは当然。

逆に遠慮や手心は
特にM&Aで行うことはむしろマイナス。

だって大切なお金を出すうえに
買い手は買った後の運営という
大きな責任を負うんですから

モヤモヤを抱えたまま釈然としないままに
M&Aをローンチしちゃ絶対ダメです。

コロナ禍まえの
売り手優位の情勢は
昨今変わりつつありますが
まだ買い手にはその残像が
あるのかなあとも思いつつ

私が思うのは
世情や景気・トレンドはあるものの

そもそも論として
売り手と買い手は対等であるべき。

互いを尊重しきることが
結果としてM&Aが上手くいく

過去も今もこれからも
変わらないなと改めて思った次第。

M&Aに取り組むときはぜひ
「尊重して遠慮せず」のスタンスで。

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

文句を言う前に、貰えるものは、ありがたく貰っときましょうや。

2021.01.13 (水)

 

一都三県に発出された緊急事態宣言。

関西の三府県にくわえ
愛知・岐阜・福岡・栃木にも
今晩、正式に発出ですね・・・

私が仕事でよくお邪魔する地域
北海道を除き、すべて発出となります((+_+))

ま、仕方ありませんし
私自身は出来ることをできる限り
粛々とやるのみでありますが。

すでにここ数日
大きく報道されておりますので

特に中小事業者の皆さんは
関心を持って注視されていると思いますが

今まで飲食事業者さんにのみ
フォーカスされていた支援金が

飲食業と取引関係にある
中小事業者さんや
外出自粛の影響を受けた
中小事業者さんへも給付される予定です。

現時点で明らかになっている支援金の概要は

法人で最大40万円
個人で最大20万円

1月または2月の売り上げが
2020年と比べ50%以上減少したことが条件

です。

すでにメディアでは
賛否両論が巻き起こっておりますが

ないよりはマシですし
貰えるものはしっかりと貰ってくださいな

というのが私のアドバイス。

あえてこんなことを書いたのは
弊社でLINE公式アカウントを運用しており

昨年末にメッセージで
1月15日締め切りの各種給付金の
申請をお忘れなく!ってお節介をしたら

意外にも
「忘れてた!」
「つい面倒なので後回しに!」
なんてお声が多かったもんですからw

とは申せ皆さん
色んな事でお忙しいでしょうし
本業をそっちのけにしたら本末転倒。

理想は必要な時に必要な
アラートを上げてくれて
手続きも指南してくれる参謀が
経営者のそばにいることが理想ですが

費用もろもろの面で
お抱え専属ってわけにもいかないでしょ?

なのでね必要な時に
必要なことにだけ稼働してくれる
外部メモリーならぬスポット参謀

この人、なってくれるかしらん?

なんて視線で
普段づきあいをする士業や専門家を
今年以降は選んでみるとよいかもですよ(^^;)

あ、ちなみに
今回のような情報のアップデートは

弊社の公式アカウントにご登録いただけると
タイムリーにお届けしまーす!ぜひ下記より!
https://bit.ly/354PpeB

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

個人で小さなM&A。するときに一番、大事なものは何でしょう?

2021.01.12 (火)

 

ノンビリゴロゴロ
惰眠を貪った連休でしたがw

週末起業ならぬ
週末M&A?的な動きがありました。

売り手も買い手も個人なので
(一人で会社経営・個人事業主を含む)

平日のオンタイムにがりがりと
M&Aのことばかりできないわけです。

私は買い手の代理人兼アドバイザーで
売り手とのフロント対応をしていますが
売り手からの回答や質疑が週末に集中します。

なので「週末M&A」と勝手に命名(^.^)

ま、こんな与太話はさておき(汗)
小規模で個人で営まれている
会社や事業を買いたいと思われている方へ

ここ半年ほど個人間M&Aの
サポートを幾つかさせてもらい
気づいたことを1つシェアします。

それは売り主から例外なく
「なぜうちの会社・事業に
 興味を持ってくださったんでしょうか?」

と冒頭に質問されること。

当初はあまり気にも留めず
クライアントと二人三脚で
正直に回答して話を進めてましたが

あるときふと
ん?コレ、何かに似てるなあ。と。

そう、企業の採用面接で
志望動機を聞かれるのに似ている。

何故?どうして?
うちに興味を持ってくれたの?
を売り手が確認し腹落ちしてから

売買価格もろもろの
実務交渉に進んでいくというワケ。

M&Aに手慣れた方や
大きな金額での取引が主体の方からすれば

何を眠たいことを!と
一喝されるやもしれませんね。

もちろんその意見は否定しないし
それなりの規模のM&Aでそんな話を
する必要性はほとんどないとも思う。

が、個人で営む事業や会社は
良くも悪くもノウハウや価値が属人的。

つまり仕組化やシステム化で
事業が回るようになっていない。

なんでね思いや価値観を共有して
きわめて属人的で泥臭い引継ぎをしないと
売り手も買い手も不幸になるケースが多い。

なので私のもとに
会社や事業を買いたいです!って
ご相談に来る個人の方には

何故?どうして?その事業を?
という思いを文書に書いていただいています。

受け取ったあとはしっかり読ませていただきますが
私がする添削は誤字脱字や文法の誤りを正すだけ。

相手に刺さる!
相手を説得する!には?なんて添削は一切しない。

失礼な言い方かもしれないけど
外見だけ取り繕っても、話が進んで
顔を突き合わせることになれば

かならず、ほころびが出ますから。

M&Aの活発化は喜ばしいですが
単なる株式投資の延長線上
利回り商品の1つ的な考えで

取り組むと大やけどしますよ。

余計なお節介ですが
最近チョイと気になるので
今日はこんなことを書いてみました。

良ければ下記も参考までに見てね(*^^*)

会社と事業の「買い方」と「売り方」を
初めての方にもわかりやすくお伝えします。
(↓下記動画をご参照ください↓)
https://bit.ly/3j4Jjjt

※セミナー・研修・コンサルティング
(対面・オンラインどちらでもOK)のお申し込みは
下記までお気軽にお問い合わせください※
https://bit.ly/3kG6ylL

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB