ご縁ゴト
goengoto

共に過ごして、挫折を防止。

2019.06.15 (土)

 

 

去る5月より月イチで
合計6回、10月まで続く
某アカデミーの2回目でした。

5時間受けた後は、ヘロヘロ( ;∀;)

正直、心折れそうに
なる瞬間、ありますよ。。。

 

でもね、一緒に受講されてる
皆さんの発表や悩みをお聞きし
私も発表して指摘や質疑をされる。

 

これが「救い」というか
よし、「やり抜こう!の源泉」になる。

立場も職種も皆さんバラバラ。

 

でも「目指すべき目標」は
ある意味、一緒なんです。

そしてお話をお聞きすると
悩みや課題のポイントに
  「共通項」が見えてくる。

何て偉そうに書いてますけど(汗)
ヒトさまのことは見えたりするのに
自分ゴトは指摘されて「あっ!」の

繰り返しなんですよ。ホント。。。

悩みや課題を直視して
悶絶し考え抜いて

他者にも伝わる「言語化」をして
更にそれを実行・行動する。

 

ま、当然のプロセスですが
これ、全部ヒトリでやるのムリです。

 

多分、超人でもない限り(笑)。

 

なので、安易に甘え
傷を舐め合う間柄ではない

「目的」に共通性のある方々と
  時間と空間を共有すること。

何事に取り組むにも
途中で挫折しないために
  お薦めの手法です。皆さんに感謝!

「完コピ」したら、忘れずに「その次」を。

2019.06.14 (金)

 

 

私が5月から参加している
某アカデミーの特典で
YouTubeの

ビジネス系動画に関する
第一人者であるSさんが
講師を務めるセミナーに

弊社カメラマン?のOさんと
ちゃっかり(*^^)v
参加してまいりました。

新たに知ることばかりにつき(汗)
3時間半では消化不良で(爆)

復習と行動が不可欠なのは


毎度のことでありますが。

 

今回、強く感じたコトは
いつの間にやら深奥の
真偽や根拠を確かめることもなく

半ば都市伝説的に

「これがトレンドだ!」

「これが常識だ!」

「これが勝ちパターンだ!」

なんて言われていることを
 鵜呑みにして行動しちゃうと
  エライ明後日の方向に

行っちゃうんだな、というコト。。。

 

でも当然ながら
トレンドや常識は変遷していき

当然ながら
それらに対応するための
  施策や戦略、戦術も変遷する。

 

そして
大手さんやマスビジネスでの
成功事例や戦略戦術は

 

少人数でマルチタスクを
 こなさねばならない
  中小零細事業者にコピペは無理。。。

でも、成功事例に学ぶことは
 とっても大切なことですし
  臆せず大いに模倣すべき

ただし、
ウワベの「完コピ」で
  終わってしまうと

トレンドや常識が変遷した時に
 全く使い物にならなくなる恐れあり。

至極当然ながら

「凄いなあ。マネしよう。」

だけでなく

「何故、凄いんだろう。」

を探求して咀嚼するを
 徹底していきたいですね。

詮索不要!素直に行こう!

2019.06.13 (木)

 

今日は一日を通じて感謝と共に、
己のここ数年を振り返って
深い猛省と振り返りでございました。

高校の同級生が
新たな出会いとご縁を紡いでくれて(深謝!)

昔お世話になった方が
現在進行形のクライアントを
応援して下さったり(大感謝!)

20代の頃から
付き合ってくださっているのに

 

私がここ数年、
お声がけに応じることが出来ず

 

不義理ばっかりしてたのに(猛省)
会えばあら不思議
ブランクを感じさせることなく

 

一瞬にして打ち解けて
続々と新しいご縁を
惜しみなく紹介してくださる。

 

感謝してもしきれないし
ホント大切にすべきコトを
改めて考えさせられました。

新しいビジネスも
 その土台であるヒトとの出会いも

 

過去に関わってくださった
 皆さんが全ての端緒であることを。

それこそ、
10年、20年、30年の
繋がりとご縁のお蔭さまです。

イロンナ事情があるとは申せ
やり取りにブランクが生じたりすると

 

心の中に
今更、顔を出すのも気が引ける。

みたいな感情が湧いちゃいます。

 

私も今回、そうでした。。。

 

でもそんな時は
自己の中でその思考で完結せずに

 

エイヤッツ!てな感じで
先ずは足を向けてみましょうよ。

 

お声がけいただける限りは
 余計な詮索せずに、素直に応じる。

古くからのご縁に
感謝しつつ、思ったことでした。

身銭を切らねば、実にはならず。

2019.06.12 (水)

 

 

ボチボチと営業の最前線に
新入社員の皆さんが
配属されているようですね。

ここ数日、事務所などに
営業電話がよく、かかってきます(笑)。

マチナカで突然
「名刺交換してください!」と
迫られるよりはマシですが(爆)。

 

ただね、チョイと
いただけないなと思うことが。

 

事前に信用調査機関や
ネットで弊社や私のことを
調べてくださるのはOK!

 

が、アポの要件を
ハッキリと言わずに

「新人なんで勉強させて下さい!」と。

本人が考えたセリフなのか
会社がそう、指導しているのか
邪推しても仕方ないですが

 

「新人」を免罪符に使うのは
時に、当人にもその会社にも

 

マイナスイメージを
持たれてしまいますよ。

 

前段のケースに対して
チョイと意地悪かもしれませんが

 

「アナタの勉強のために
  私の時間をご提供するなら
   コンサル料を頂戴します。」

と、申し上げました。

 

で、相手はフリーズしたので
程なく終了と(爆)。

 

普通に考えりゃ、大切なお客さまに

 

「新人だから
  不充分な対応しかできません。」

 

こんなこと
中小企業が取引先に
  やったとしたら速攻切られます。

ま、中小に限らずだと
思いますが(思いたいですが)。

 

つまりは、
アプローチした相手のことは

 

「どうでもいい相手」だと
  向こうは思っていると
   解釈できるワケです。

ごく稀に、著名企業から
わが社にアプローチが来たと

 

喜ばれている方のお話を
お伺いすることがありますが

 

よくよく紐解いてみると
失礼ながら「ヌカヨロコビ」

ケースがあるもんですから。。。

 

中小事業者の皆さま
自社が、新人研修に
体よく利用されていないか

 

時節柄、お気をつけくださいませ。

そして新人の皆さん
大人の学びは与えられるものではなく

 

ちゃんと「身銭を切って」やりましょ。

良い裏切りは、先出しで。

2019.06.11 (火)

 

 

最近はだいぶ
鳴りをひそめた感がありますが

私が末席に身を置く
中小ベンチャー支援の業界で

私を含む業界関係者で
「情報交換しましょう!」という

呼びかけに応じて
ホイホイと出かけていくと

 

「ギブ&テイク」じゃなくて

「テイク&テイク」。

 

もっとドギツイ言い方をすれば

「クレクレ星人」

出現することがあります。

 

アポを取るお題目が

 

「フェアトレード」なのに
中身が全然フェアじゃなければ
口には出さないけど、次は絶対ない。

 

そんなことがある一方
今回お会いしたT先生は

 

いきなり「ギブ&ギブ」
そりゃもう、こっちがビックリ。

お題目が「フェアトレード」なのに
私の方が、貰いっぱなしで
恐縮と同時に、強い決意が。

 

絶対にご恩返しをするぞと。

 

日々の活動において
「テイク&テイク」だけは

 

絶対にしないぞと誓って
行動や言動に気をつけてますが

 

今回のT先生のように
自らがまず「ギブ&ギブ」で

 

何のためらいもなく
相手に提供すること。

 

マダマダ全然、出来てない。。。

 

自分から先にお出しする
ご提供する行為は
廻り廻って自らに還る。

 

T先生を慕う顧問先
実に150社!のご実績が
その何よりの証明ですし

 

私も一発でファンになっちゃった。

 

お客さまの期待は「良い」意味で
   裏切りましょうね。お互いに。

 «   2019年 6月     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • 2019年6月 (15)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)