アーカイブ
archive

「正しい」+「瞬発力」=「最大効果」。

2019.04.17 (水)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【4月17日(水)】

<ダイジェスト>

横浜北部から東京経由

埼玉南部まで往復の一日。

終日曇り空で
時折吹く風は肌寒い感じでした。

 

 

 

<時々刻々の記>

昨日同様、朝は新横浜から

鴨居へ。

お昼を挟んで4時間ほど
打ち合わせとデスクワーク。

14時過ぎに移動を開始して、鴨居から

新横浜⇒東京

王子を経て

埼玉県の南鳩ヶ谷駅へ。

新幹線を使っても
片道約90分、ナカナカです(笑)。

いつもお世話になっている
会計士のHさんと合流して

 

クライアント先で

1時間半ほど打ち合わせを。

終えてHさんと一緒に
新橋まで移動して

ガード下の北海道居酒屋で

1杯、いや4杯(多分)(*'ω'*)

 

20時過ぎ、ダブルヘッダーの
Hさんとお別れしたあと
酔い覚ましに有楽町まで歩いて

電車に乗って、新横浜のホテルに帰還。

 

同世代で気の置けない
Hさんとの昔語りが
とっても楽しかった夜(^^;)

 

 

 

________________________

■<2>「正しい」+「瞬発力」=「最大効果」。
________________________

いずれこんなのも
珍しくなくなるんでしょうが
私のクライアントさんの1社。

 

社員さんも多国籍で
個性豊かでバラエティーに富んでます。

 

割合的には
日本人スタッフが
イチバン多いですが

 

何と言うかこう
リーダーシップを発揮して
自ら手を挙げて仕切るのが

 

外国籍の皆さんなんですよね。

 

別に悪いことじゃないし
昼休みのヒトトキに

 

職場環境の改善云々を
皆で話し合おうと
自発的に集まる姿を見て

 

頼もしく
微笑ましかったのですが

 

横で見ているとね
日本勢、殆ど発言せずに
何だが、押し切られてる感(爆)。

 

で、終わった後に
私に「違和感あるんです」と相談が。。。

 

確かによく話を聞いて
ルールや解釈に
誤解がある決め方だったので

 

是正することにしたんですが
私から敢えて一言。

「その場でハッキリと、言わなきゃダメよ。」

 

正しいことだったとしでも

先送りで後から
  「実は・・・」のやり方。

 

相手に与える印象、良くないです。

 

折角の正しい意見も
言うべきタイミングを
  間違えるだけで

 

「効果半減」ですよ。。。

 

頑張れ日本人(自戒含む)よ。

 

「正しい」に
 「瞬発力」をセットで
   最大効果、発揮しましょ。

____________________

「カリスマ」から「カリスマ」は、ムリです。

2019.04.16 (火)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【4月16日(火)】

<ダイジェスト>

新横浜を起点に、横浜&東京を
時計回りにぐるっと一周(笑)。

快晴で外歩きには最適の一日。

<時々刻々の記>

朝、新横浜から横浜線で

北に2駅目の鴨居へ。

定例のクライアント訪問。

2件の打ち合わせとコーワーク
久しぶりに皆さんと
和気あいあいなランチをして(感謝)

 

14時過ぎに鴨居を出発し

再び横浜線で北上して長津田(ながつた)へ。

ワタシ、恥ずかしながら
ずーっと「ながつだ」
だと思いこんでました(;_:)

長津田で田園都市線に乗り換え

半蔵門線直通で神保町へ。

所要時間、約80分。微妙。。。

その後は事務所で

デスクワーク&フランスとのスカイプ
月イチのパートナー会議をこなして

 

19時過ぎ、業務終了!

 

メンバーと楽しく
日本酒のピッチをあげて(爆)

夜は暮れていったのでした。

 

 

 

________________________

■<2>「カリスマ」から「カリスマ」は、ムリです。
________________________

当然といえば当然ですが
20年以上の付き合いである
ビジネスパートナーについて

 

互いに知らないこと
マダマダ、ありますねえ。

 

今の仕事につくキッカケの一つが
お互いの父親が読んでいた本を
手に取ったこと。

 

しかも、その本が偶然にも「同じ!」。

 

改めて不思議な縁と導きを感じました。

 

その本の著者は
今や日本では押しも押されぬ
とある製造業のカリスマ創業者で

 

古希を超えられてますが
今も、バリバリの現役です。

 

人間である以上、
誰しも「引退」の時は
避けられないのですが

 

「カリスマ」であればあるほど
次へのバトンタッチって、
   ホント難しい。

 

というか「ムリ」だと思います。

 

有り方が正しいとか
間違っているとかではなく

 

周囲から「カリスマ」と認知され
その「カリスマ」はご本人以外
  「代替不可能」なんですから。

 

事業承継のご相談でよく

 

「任せられるのが、いないんだよ。」

 

と、言われるのですが、そら、そうです。

 

てか、社外だってそう。

 

「代替不可能」な社長が
  作り上げてきたんだから。

その前提を理解すれば
自ずと今のうちから
やるべきことと必要な時間が

 

見えてくるのではないかと。

 

大手企業さんでも
カリスマの後継体制作るのに
5年や10年、ざらにかかってます。

 

ご相談はお早めに
お願い致しますね(#^^#)。

____________________

 «   2019年 4月     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  • 2019年4月 (17)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)