アーカイブ
archive

新しきは、古(いにしえ)からの土台が有ればこそ。

2018.11.30 (金)

 

相当にご無沙汰ご無礼していた
御方に図々しくも(汗。反省。)

 

突然にお電話を差し上げて
弊社クライアントのお困りごとの
相談に乗っていただきました。

 

忘れられていないだけで
あり難く感謝な上に

 

ご鄭重かつ真摯なる
ご対応を頂き、感謝の気持ちが
言葉に尽くせない想いです。

 

今年も早や
11カ月が終わる節目の日に
改めて一つ一つ思い返してみました。

 

今年から新たに
お付き合いの始まった
クライアントさんとの出会いも、

 

弊社のチカラだけでは
どうにもならない

 

窮地を助けてくださる
周囲の皆々さまも

 

振り返れば全て
 「過去に頂いたご縁」によるもの。

 

振って湧いたように
 突然全く新しいことなんて
  よく考えりゃ、一つもない。

 

ホントにあり難いとしか
言いようがないです。はい。

 

そして話を重ねて
お相手を知れば知るほど

 

不思議なヒトの重なりが
出てきたりする訳でして。

 

前を向き、前に向かって
走り続けている日々ですが

 

それを支えてくれているのは
過去に出会い

 

その場でその瞬間で
互いにビジネスメリットがなくても

 

ヒトとして向き合い
真摯にお付き合いした皆さん方です。

 

今年を振り返るには
チトまだ早いですが(汗)

 

今日は特にそんなことが
幾重にも重なった日でしたので

 

こんな振り返りを
してみたのでした。感謝!

異国の友が、全身で伝えてくれたコト。

2018.11.29 (木)

 

古くからの友人でもある
フランス人のEさん。

 

Eさんとは今年の6月から
クライアント先で濃密な
お仕事をご一緒してましたが

 

ミッションを無事に果たされ
Eさんは来週、母国に帰国されることに。

 

Eさんは感謝や喜びの想いや感情を
ストレートに表現されるので

 

努めて平静を装っていた
私の鎧が溶かされちゃうんですよ(笑)。

 

最近は変わりつつあるかもしれませんが

 

日本人って、感情を
身体いっぱいで表現するの
どっちかっていうと、苦手ですよね。

 

私も、ぶっちゃけ苦手(汗)。

 

でもね日本人の奥ゆかしさとか
否定しないし、むしろ誇るべき。

 

Eさんも、そんな日本と
日本人が大好きだし
普段のEさんの所作は

 

前段で書いたような
「日本人」そのものです。

 

でもね、ここぞという時は
ホントに真正直で、素直に
  自分の気持ちを言葉で全身で表現する。

 

だからこそ、クライアントの
スタッフの皆さんからも慕われた

 

普段はどちらかというと
大人しくてシャイな
スタッフの皆さんが

 

「感謝」と「信頼」と
「別れの寂しさ」を
全身で表現され(驚)

 

それを正面から
受け止めたEさんが
帰り道に涙ぐむ姿を見て

 

「感謝」と「喜び」は
  言葉で身体でハッキリと
   「表現」する大切さを

 

強く再認識させられました。

国も民族も言葉も超えた友
Eさんに心からの感謝と共に。