アーカイブ
archive

ジャガイモで見たビジネスのシビアさ。

2017.09.05 (火)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【9月5日(火)】

終日、福岡でお仕事の一日。
朝方は雨、その後は曇りで
最高気温は28度なれど
ちょっと蒸し暑い昼間。

午前中はクライアント先で
打ち合わせや業務など。

昼過ぎから一旦ホテルに戻り
自社の業務とスタッフとの
打ち合わせなど。

次の訪問先への途中で
恒例の櫛田神社へ参拝。

 

おみくじで
モチベーションをアップ?して(笑)
夜まで黙々とお仕事。

ラストはこれまた10数年来の
お付き合いとなる薬院の
おばんざいのお店で乾杯!

 

____________________

■<2> ジャガイモで見たビジネスのシビアさ。
____________________

 

 

仕事の合間に皆さん方と
地元紙に掲載されていた

記事の内容について
色々と話をしていました。

 

 

長崎県、ジャガイモの出荷量が
北海道に次いで全国第2位です。

 

 

昨年の北海道での
低温や台風による不作等を背景に
発生した供給不足等に対応すべく

加工に適した新品種を開発し
栽培の拡大に
本腰を入れているとのこと。

 

 

既に皆さまご存じの通り
昨年は前述の背景で
所々が混乱しましたからね、、、

 

 

当然関係する事業者さまも
リスクヘッジで調達の分散を
図っている訳で、、、

 

他者のピンチはある意味
自らのビジネスチャンスに
なりうる可能性になると。

ジャガイモのみならず
あらゆるビジネスで
普遍ともいえるシビアな現実。

 

 

これに立ちすくむことなく
手立てを尽くすことを
小さな自分が何ができるかを

考え続け、実行あるのみと
福岡の街なかで思ったのでした。

 

 

____________________