アーカイブ
archive

私が「冷酷な現実」から目を背けていたのです。

2017.09.28 (木)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

 

 

【9月28日(木)】

 

 

<ダイジェスト>

終日、東京都内。

 

 

<時々刻々の記>

 

屋根を叩く雨音で目覚めた
東京の朝、、、

 

 

早すぎた目覚めにつき
若干の二度寝をして(笑)

デスクワークをしてから
母と一緒に順天堂医院へ。

 

 

母と分かれて僅か10分後
順天堂医院より携帯電話に
緊急連絡が。

 

 

父が危険な状況につき
家族に連絡を取って
至急来てくださいとのことで

スタッフに後事を託し
二人の弟に電話をして
急ぎ、順天堂医院へ。

 

ICUに駆けつけると
お世話になっている医師の先生
看護師さん、そして母が。

 

 

今振り返れば情けないかな
父の手と足をさすり
人目もはばからず

「父さん、
帰ってこい。戻ってこい。」

繰り返し私は声をあげていたと。

 

 

二人の弟も駆けつけ
母と三人の息子に看取られ

14時20分
父は帰らぬヒトとなりました。

 

 

泣き崩れる母と二人の弟、
献身的にお世話下さった
看護師さんまでもが

父のために泣いているのに
私は何故か
泣けませんでした。

 

 

父の遺体を医院の皆さまが
処置してくださり

家族もどうぞ
身体を拭いてあげてください

と言われて父と再会した瞬間
周囲を弁えず、号泣しました。

 

 

その後
一旦事務所近くの
駐車場まで車を取りに行き

スタッフの小倉が
私が事務所に放置していた
鞄を届けてくれて

再度、順天堂医院へ。

 

 

献身的に最後までお世話下さった
医師の先生方、看護師さんが

ご焼香してくださり
最後まで本当に有難うございました。

 

 

お見送りを受け、豪雨の中、
父の遺体と、母と弟と
18時半過ぎに東京の自宅へ。

 

 

自宅到着直後、不思議と
雨が止みました。

 

 

早速に近所にお住いの
父が現役時代、苦楽を共にした

父の先輩ご夫妻が
弔問に来てくださり
有難うございました。

 

 

私は葬儀の手配やら
電話メールの対応やらで
あっという間に午前さま。

 

 

激動の一日が、終わりました。

 

 

_____________________

■<2>私が「冷酷な現実」から目を背けていたのです。
_____________________

 

 

母と弟が号泣している最中
何もできずに呆然と
立ち尽くしている私。

 

 

父の容体が9月15日に急変し
以来、一度も
言葉を交わすことなく

父はこの世を去りました。

 

 

威厳溢れる父が私に
「いいから、お前は行け。」

と父に背中を押されて
9月13日に札幌へ舞い戻った

その時の父の姿と言葉が
今もアタマを
駆け巡っております。

 

 

東京の自宅に戻り

「私が悪かった。後悔している。」

「オペをさせるんじゃなかった。」

と言葉を繰り返しながら
父の傍らで泣き続ける

生来、線が細く繊細な性格の
母の姿を直視できない
情けない私が、ここにいます。

 

 

当事者の父が2週間、苦しみ続け
家族が日々、悲嘆していくなかで

ヒトリ私は

「大丈夫だ。必ず良くなる。」

「俺は親父を信じている。」

なんぞと繰り返しておりました。

 

 

そう、私こそが現実を直視せず、
冷酷な現実から
目を背けていたわけです。

 

 

小なりとは申せ
経営者としてリーダーとして

「あってはならないこと。」

であります。

 

 

父親としてだけではなく
経営者の大先輩でもあった
父の背中を未だ超えられず

最後まで
「親父」と呼べなかった

不肖の息子(私)を
夢枕で昔のように
叱り飛ばしてください。

 

でも呑んでも飲んでも
今夜は眠れそうにありません。

 

 

____________________

ご報告とお礼(私事にて恐縮です)。

2017.09.27 (水)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

 

 

【9月27日(水)】

 

 

<ダイジェスト>

終日、東京都内。

足立区の自宅より
順天堂医院と
東京事務所の一日。

 

 

<時々刻々の記>

 

曇りで涼しい東京の朝。

 

 

自宅前の私道で
朝から水道工事の爆音で
何とも、、、な目覚め。

 

午前はデスクワークに集中し
昼一で母を順天堂医院へ送り届け
私は東京事務所でお仕事。

 

 

少し心が落ち着いたのか
事務所までの道すがらに
マニアな店に目が向いたりと。

 

 

スタッフのサポートで(感謝)、
諸般事務もある程度
前倒しで進んで

後顧の憂いなく、夕刻に再度
順天堂医院で主治医と面談。

 

 

医師も驚く回復がある一方で
他の数値に悪化が見られて
父の容体は一進一退。

 

 

母と一緒に自宅に帰って
今に腰を降ろしたら
いつの間にやらうたた寝、、、

 

 

うたた寝が功を奏してか?
夜半のデスクワークは
結構集中できました(笑)。

 

 

_____________________

■<2> ご報告とお礼(私事にて恐縮です)。
_____________________

本ブログをメルマガで配信させていただいた

2017年9月28日(木)、14時20分

父、垰本 増男(たおもと ますお)

75歳にて、逝去いたしました。

 

 

生前の父に頂戴したご厚誼に
改めて厚く
お礼申し上げますとともに

 

容体が急変した9月15日以来
本日に至るまでの2週間

多くの方にご心配、ご迷惑を
おかけしましたこと

また、多くのお見舞いや
励ましのお言葉を
頂戴しましたこと

ブログとメールにて失礼ながら
厚く厚くお礼申し上げます。

 

 

あまりにも突然のことで
当然ですが初めての経験なので
悲しみに暮れる間もなく

バタバタとしております、、、

 

 

今しばらく
ご迷惑をおかけすると存じますが

弊社グループのスタッフや
パートナーが仕事に支障なきよう
バックアップいたしますので

今後とも何卒
よろしくお願い申し上げます。

 

 

____________________

呼び覚ませ!「眠れるポテンシャル」。

2017.09.26 (火)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

 

 

【9月26日(火)】

 

 

<ダイジェスト>

終日、東京都内。

 

 

<時々刻々の記>

 

午前中は東京自宅で
デスクワークを行い

午後一番に車で
母を順天堂医院へ送り届けて
私は神田錦町の東京事務所へ。

 

15時からは
弊社グループの
ボードメンバーである

菊地が長年ご厚誼を頂いている
福島県の
地域サイトを運営されている

責任者の方がご来社下さり
1時間半ほどミーティング。

 

 

Mさま、貴重なお時間と
多くの示唆を
誠に有難うございました!

 

 

Mさまをお見送りしたのちは
スタッフと一緒にデスクワークと
ミーティングを実施。

 

 

その最中に、弟より電話が、、、

 

 

後事をスタッフが
引き受けてくれて(感謝)

予定外で順天堂医院へ
駆けつけて
兄弟3人うち揃い

親父を勇気づけ、元気づけて
弟を居宅まで送迎し

これまた想定外の
スカイツリーで黄昏て(爆)


家路についたのでありました。

 

 

_____________________

■<2> 呼び覚ませ!「眠れるポテンシャル」。
_____________________

 

 

昨日ご来社くださった
Mさまのお会社が運営されている
「ふるさとマルシェ」

http://www.furusatomarche.com/

 

 

運営上のご苦労や取り組み
今後のビジョンや
弊社へのアドバイスなど

本当に多くを
学ばせていただきました。

 

 

Mさま、重ねて厚く
お礼を申し上げます!

 

 

福島県内の素晴らしい取り組みや
隠れた名産品やコンテンツ。

 

 

教科書や座学も大切ですが

「現場の生の声」。

 

 

これに勝るものはないと
強く強く、感じ入りました。

 

 

皆さまご承知の通り
福島県は諸般の事情で

いまだ様々な風評被害に
苦しんでいます。

 

 

でもですね、
現場と現地の「生の声」と
「正確な事実。」

を知れば知るほど
社会問題の解決に資する

素晴らしい産品や取り組みが
一杯あるんです。

 

 

ネット隆盛のこの社会で
まだまだ知られていない

「眠れるポテンシャル」を
「呼び覚ます」ビジネス。

 

 

私の悩みなんぞ
何とちっぽけなもの。

 

 

皆さんの地域の
「眠れるポテンシャル」を
呼び覚ましてまいりますよ!

 

 

____________________