アーカイブ
archive

躊躇されるか、惹き付けられるか。

2019.04.21 (日)

 

 

 

毎週、日曜日の午後に
放映されている
某局の旅番組に、

最近、ハマっております(笑)。

 

計画されたルートを
行くだけじゃなくて
行き当たりバッタリの要素もあり。

 

現地で出会った方々から
教えてもらった情報で
その場所に訪ねてみたりと。

 

こうして文字起こししてみると
構成も内容も奇抜さを狙ってなく

 

芸能人じゃなくても
誰でも出来そうな旅の姿がある。

 

何というか
ノスタルジック」に

共感」しているような気がします。

で、その中で

「この店って、いったい、何かしら?」

 

と、看板だけでは
お客さんが理解できないお店が出てくる。

 

そんな時

「お客さんは躊躇して、足を踏み入れない。」

「お客さんの中で想像が膨らんで、惹かれる。」

大別すると、こんな感じかなと。

 

ビジネス的には

「お客さんの中で想像が膨らんで、惹かれる。」

を狙っていきたいですよねえ。

 

どうすればいいんでしょう?

私も日々、試行錯誤ですけど
自身も一つ、ヒントを得たのは

 

短い二つの言葉で連想を促し

「お、もしかして、いいかも?」

って思っていただける仕掛け

 

「おもてなし。包丁。」

 

という短い二つの言葉で
マチ歩きしてた皆さんのココロを

 

「お!ここってどうよ?」

 

一瞬にして惹き付けてた
姿を見て、感じたことを今日は一文に。

____________________