アーカイブ
archive

「カリスマ」から「カリスマ」は、ムリです。

2019.04.16 (火)

 

当然といえば当然ですが
20年以上の付き合いである
ビジネスパートナーについて

 

互いに知らないこと
マダマダ、ありますねえ。

 

今の仕事につくキッカケの一つが
お互いの父親が読んでいた本を
手に取ったこと。

 

しかも、その本が偶然にも「同じ!」。

 

改めて不思議な縁と導きを感じました。

 

その本の著者は
今や日本では押しも押されぬ
とある製造業のカリスマ創業者で

 

古希を超えられてますが
今も、バリバリの現役です。

 

人間である以上、
誰しも「引退」の時は
避けられないのですが

 

「カリスマ」であればあるほど
次へのバトンタッチって、
   ホント難しい。

 

というか「ムリ」だと思います。

 

有り方が正しいとか
間違っているとかではなく

 

周囲から「カリスマ」と認知され
その「カリスマ」はご本人以外
  「代替不可能」なんですから。

 

事業承継のご相談でよく

 

「任せられるのが、いないんだよ。」

 

と、言われるのですが、そら、そうです。

 

てか、社外だってそう。

 

「代替不可能」な社長が
  作り上げてきたんだから。

その前提を理解すれば
自ずと今のうちから
やるべきことと必要な時間が

 

見えてくるのではないかと。

 

大手企業さんでも
カリスマの後継体制作るのに
5年や10年、ざらにかかってます。

 

ご相談はお早めに
お願い致しますね(#^^#)。