アーカイブ
archive

「ストレス」と「リスク」の原因「曖昧模糊」をなくせ。

2019.04.04 (木)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【4月4日(木)】

<ダイジェスト>

終日、福岡市内。

花粉による目の痒み以外は(爆)
快晴で快適な日中の福岡でした。

 

 

 

<時々刻々の記>

朝、関東のクライアントさんと
30分ほど電話で打ち合わせしてから

 

移動を開始して
ご当地福岡のクライアントさん訪問。

ランチを挟んで

14時までコーワークし
次なる目的地へ移動の途中は

 

櫛田神社で

参拝

キャナルでの楽し気な

パフォーマンスをチラ見(^^;)

15時過ぎより
2社目のクライアントさんで

18時前までコーワークして

19時より本日のラスト課業
提携先との打ち合わせをば。

 

終えて晩御飯を食べに行くため
至近のバス乗り場に向かうと
どれもこれも満員で乗れず(泣)。

 

もしやと思いネットを見ると
地下鉄がトラブルで運転見合わせで
お客さんが押し寄せている模様。。。

 

諦めて歩き始めたら
偶然にも空車のタクシーに遭遇し(嬉)
無事?西中洲の「枉駕(おうが)」さんへ。

大将の木村さんの、趣向を凝らした

酒食を楽しみ(感謝)

盛りだくさんの一日が終わったのでした。

 

 

 

________________________

■<2>「ストレス」と「リスク」の原因「曖昧模糊」をなくせ。
________________________

日本語の持つ性質なのか
それとも日本の文化習慣なのか

 

はたまたそれの合わせ技なのか?
私にも図りかねる部分がありますが

 

イエスなのか、ノーなのか
よく分からない文書について
お客さんから「ハッキリしろ」と

 

言われてるんですけど
どうしましょ?みたいなご相談事を
今回はお受けしておりました。

 

日本の法律の条文とかにも
良く見受けられる「解釈の余地」
みたいな感じというか。。。

 

この手の話
「保証書」とか
「免責事項」とかで

 

結構、遭遇します。

 

幾らお客さまの
 ご要望とは申せ、唯々諾々と
  何もかも「責任取ります」とは

できませんがね。

 

売り手側も、あらゆるリスクから
 逃げおおせる、何てのはダメなわけで。

 

なので、

取るべき(取れる)責任を
 ハッキリと具体的に、シンプルに
  「明記」することで、問題を解決。

 

その方が話が早くて
 他の大事なことに時間を使えます。

 

もめ事やトラブルに備えて
考えうる全てのリスクを
包含しないとに力を割くよりも

 

自社で取れる責任範囲を
 具体的にシンプルに「明示」して
  それに賛同していただける方と

ビジネスを推進することに
 注力する方が、中小企業にとっては
  遥かにリスクもストレスも低減する。

 

曖昧模糊をなくすと
 ホントに大事にすべき
  お客さまが、自ずと見えてくるし

 

結果、自らのリスクと
 ストレスな時間を減らしますよ。

____________________

 «   2019年 4月     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  • 2019年4月 (17)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)