アーカイブ
archive

「図星」では怒らず「素直」に受け入れる。

2019.04.13 (土)

 

二日ほどで症状が改善し
仕事にも支障が出なくなって
ホッと一安心してた鼻風邪ですが

まだ、治り切ってないんだなと。

 

カゼ薬が表面的な症状を
抑えているだけのようです。。。

 

長年お世話になっている
ストレッチの先生に
何にも話していないのに

 

横たわって数分
身体全体をチェックされて
風邪ひいた?

 

今ここに、違和感が
あんじゃないの?

 

とぴたりと言いあてられた(驚)。

 

何というかこう、
身体に表れる疲れをとるために

 

内側の根本原因を突き止めて
そこを改善するという
ストレッチ整体の神髄を見た感が。

 

お店の回し者じゃないので(笑)
この話はここらへんで止めて(^^;)

 

終えてスッキリしたアタマで
チョイと考えちゃいましたね。

 

会社も同じだなあと。

 

コンサルでお相手のことを
知るために決算書類に
目を通すのは必須なんですが

 

これ、当然ながら
結果と歴史であって

 

何故、そうなったのかの
 「原因」を知らねば意味がない。

 

「原因不明」じゃ「対策」も打てないし。

 

幸いなことに私自身は最近
滅多に遭遇しませんが

 

「業績(実績)絶好調」の
理由を尋ねると
その説明を拒んだり

 

「頑張ったから」的な話で
終始される方が、ごく稀にいる。

 

逆もまた真なりで

 

「業績急落」で駆け込み寺的に
ご相談にこられた方で

 

「景気」や「取引先」のせいだと
言い切る方が、ごく稀にいる。

 

どっちのパターンも
相談に乗ってくださいと
向こうから来たのにもかかわらず

 

訊けば聞くほど、
 お前は判ってないみたいに
  怒ったりするので

 

その後の顛末は
書くまでもないというか
書きたくないというか。。。

 

とにもかくにも詰まるところ

 

人間の心身も
会社の数字も
表面だけ取り繕って

 

綺麗に見せかけても
 意味ないね。というコト。

 

我が身を以って
久々に痛感でございました。