アーカイブ
archive

「タンカー」を目指すか?「タグボート」を極めるか?

2019.04.02 (火)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【4月2日(火)】

<ダイジェスト>

新横浜から

鴨居へ。

夜は鴨居から東京は八重洲へ。

快晴だけどナカナカに
寒暖差の激しい一日でした。

<時々刻々の記>

朝、新横浜を出発して

横浜線で2駅の鴨居へ。

クライアントさんへ赴き

午前、午後ともに、

ご相談事への応対や、成果物の作成業務を。

 

18時過ぎ、幹部のお二人と
途中の新横浜までご一緒に
雑談しながら移動して

 

私は新幹線に乗り換えて

19時前に東京駅へ。

 

先週末の盛り上がりからの
大学ゼミの1コ上の先輩で

 

今や大手企業の部長さんとして
50名の部下を率いる
Nさんと情報交換と会食。

数年ぶりの再会だけど
1分もしないうちに(爆)
すっかり昔モードで

 

昔話から現在、そしてビジネスの
話で大いに盛り上がり
アッという間に22時過ぎに。

 

後輩の役得で(感謝)
スッカリゴチになってしまい

 

(Nさん、有難うございました!)

 

再会を約して東京駅でお別れし

最終の新幹線で新横浜へ戻り。

寝過ごさずに無事
チャンと降りれたのでした(笑)。

 

 

 

________________________

■<2>「タンカー」を目指すか?「タグボート」を極めるか?
________________________

中堅中小
ベンチャー企業さまを
ビジネスの主体にしている私にとって

 

売上1千億円の大企業さん
とてつもなく、大きな存在です。。。

 

一つの部だけで50名の人員(驚)。

 

ベンチャーにもイロイロありますが
下手すると、2社、いや3社分の人員。

 

大学のゼミの先輩という
人間関係に甘えて(感謝)

 

そんな大企業の部長さんである
Nさんとワイワイと楽しくも
実りある時間な夜でございました。

 

何たって、大手と下請けみたいな
関係じゃなくて
対等な人間同士の会話ですから。

 

だからこそ耳痛いこと含め
ガチの本音トークです。

 

一つだけ
エピソードをご紹介しますと

 

話が勢い、北海道関係になって
やっぱり巨艦企業にとっては
  北海道のマーケットは小さくて

 

拠点を構えてまでの
 参入には及び腰なご様子。。。

 

でも、モノは考えようで
逆手に取れば中小ベンチャー企業が

 

活躍できる可能性が
 それだけ高いとも言える。

 

私がそれに該当しているか否かは
皆さんの審判を仰ぎたいと思いますが。

 

例えていうならば
「タグボート」と「タンカー」の違い。

 

確かに外洋や荒波を
タグボートで
乗り切るのは不可能ですが

 

タンカーが進めない
水路も一方で沢山ある。

 

そしてタンカーなどの大型船は
着岸や離岸の際には
タグボートのアシストが必要。

 

夢はでかく、レバレッジを効かせて
タンカー建造を目指すのもありですが

 

タグボートの「匠」を極めるのも
 欠かせぬ存在になるあり方の一つ。

 

ドッチつかずだけは絶対に止めて
 目指すべき姿を見定めて参りましょう。

____________________

 «   2019年 4月     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  • 2019年4月 (17)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)