アーカイブ
archive

「ランダム」でいくか?それとも「整然」といくか?

2019.08.29 (木)

 

 

今年、初めて開催された「全国 食の逸品EXPO」を

 

見学してまいりました。

 

https://www.ippin-expo.jp/

 

北海道勢の出品が少なく、チョイと寂しかったです。。。

 

 

過去、食関係の展示会は数多く、見に行っていますが

 

 

今回は、あれ?いつもと何か違うなと。

 

 

私が感じた違和感の正体は「ランダム」

 

食の展示会(に限らずかもですが)って
だいたい、北海道とか九州とかの
「エリア別」に区分されて出展しているか

 

「野菜」とか「魚介」とか「食材別」に区分されて

出展しているパターンが圧倒的に多い。

 

 

が、今回は、エリアもバラバラ、食材もバラバラに出展してた。

 

鹿児島の隣が北海道で、そのまた隣は岐阜みたいな。

 

 

ジンギスカンの隣がウナギで、その隣が地鶏みたいに。

 

 

 

でもね、悪くない(^^;)

 

 

良い「ランダム」だなと。

 

来場者(お客さん)にとっては
思わぬ発見があったりして、飽きない。
 

出展者も埋もれにくい。

 

食材別に区分されると、商品とかが際立ってないと、

 

スルーされるリスクが高いし、来場者の広がりに欠ける。

 

 

何故なら、最初から
興味関心を持ってる人しか、その場所(区分)には来ない。

で、思ったのは、
どっちが良いか悪いかじゃなくて、「使い分け」だなと。

ヒトリでも多くのヒトに

見てほしい、知ってほしいときには

「ランダム」な場所や方法でアプローチ。

 

 

 

いや、冷やかしはいりません!

興味や関心が強い方だけ、来てください!の時には

 

「整然」な場所と方法でお出迎え。

 

 

展示会の出展のみならず、

自分たちのビジネスにも応用

できる余地はないかなと、

帰り道にボンヤリ考えたのでした。