アーカイブ
archive

「次」を、ご案内する「タイミング」。

2019.08.14 (水)

 

 

お盆休みで気持ちも緩んだのか?
私的には滅多にしない衝動買いを(笑)。

ベストセラーなので皆さんも
ご存じだと思いますが
前田裕二さんの「メモの魔力」。

は、発売直後に買っていて
「メモの魔力」の内容に沿った

構成になっている
モレスキンのノートがあったんです。

本が平積みされている「真横」に。

 

買うべき本を決めて行ったのに
全然違うものを買っちゃったと(汗)。

 

お目当てもモチロン、買いましたが。

 

ちなみに買ったノートは
同じサイズのモレスキンのノートより
チョイとお高めなんです。

 

私はバッチリ?すっかり?
売り側の狙いにパチッとハマった
分かり易い客かもしれませんね(笑)。

 

でも、買った本人(ワタシ)は
衝動買いの後悔もなく

何でチョッと高いんだよ的な
不満はないどころか

おお、これこれ、
あれば一度買ってみたかった!
気が利くねえ、な気持ち(^^;)

 

で、振り返って思ったのが
私が前段のような気持ちになったのは
本を読み終えた「後」だったからではと。

お店的にはセットで買ってもらうのが
狙いで陳列してたんでしょうけど

私は本と一緒にノートは
買ってなかったと思います。

 

もしかしたら本を読んで
これは俺には合わないな的な
思いを抱いた場合

同時にノートを買ってたら
自発的に買ったことを
綺麗さっぱり忘れて

何だよ、上手いこと
あれこれ売りつけやがって
みたいな感情になったと思う。

 

器の小さな( ゚Д゚)私のショボい
責任転嫁の感情かもしれませんが(汗)

 

単品単発売りで
 お客さんとの関係が終わるのは
  実にモッタイナイ話ですから

本を読んだ人が
次に必要なものを用意しておく。

 

どのビジネスにも参考になる
 好事例であることは間違いない。

 

が、お客さんにご案内したり
売るタイミングを間違えちゃうと

お客さんの
「気が利くねえ!」な好印象が

「アレコレ売りつけやがって!!」
な、悪印象になっちゃう。。。

タイミングを間違えると
 お客さんの抱く感情が 

「真逆」になるに、要注意です。