アーカイブ
archive

「異口同音」に遭遇したら、一時停止しよう。

2019.08.09 (金)

 

 

立場も専門も分野も違う方々と
様々にかかわり、お話を伺う中で
不思議と「あら!」って思うコトがあります。

仰っていることが
特に纏めの部分で

「同じ」コトに遭遇したトキ。

 

そんな場面に遭遇した時
皆さんならどう、思われるでしょうか?

 

「またその話?それ知ってるよ。」かしら。。。

同じ人が同じ話を幾度となく
繰り返しているのであれば
そう思うのも、止むを得ませんよね。

 

が、互いに接点もなく
立場も専門も分野も違う方々が
仰る言葉の中にある共通性。

そしてその言葉に
納得し共感した場合
その言葉は得てして

今、自分が抱えている悩みだったり
課題を言い当てている言葉だったりします。


そしてその次に紡がれる言葉に
悩みや課題を解決するための
ヒントがあったりする訳です。

なので
「またその話?それ知ってるよ。」と

軽く流しちゃう前に
「お、ちょっと待てよ」と。

何故「異口同音」なんだろうと
 立ち止まって思考を巡らせてみる。

因みに私の目下の悩みは

「出来る人目線は、ダメ。」

「出来ない人目線で、書け。」です。。。

 

これだけ書いても
「は?何のこっちゃ?」ですが(汗)

お盆休みは
ひたすらこれに、向き合います(爆)。