アーカイブ
archive

それって「誰のため」「何のため」のハード?

2019.08.05 (月)

 

伏せ字にしても
読む人が読めばばれちゃいますが(汗)

8月に新装オープンした
西新宿の某病院に
母を連れて行ってきました。

 

いやはや、ハードは見違えるほど
素晴らしいものになりました。

が、ソフトというか
オペレーションは「退化」してました。

新しさゆえの不慣れによる
トラブルとは全く違いますね。

勿論、それもありましたけど
それは、時間が自ずと解決する。

(過去の診療データが
一部、移管されていないという
驚愕のトラブルはありましたが。。。)

 

話を戻すと(*'ω'*)
私がカフェにいたら
そこかしこでクレームの嵐が。。。

以前と違って
1か所でコトが済まなくなって
患者さんがアチコチ

行ったり来たりしないと
診察が終わらない
システムになっちゃった(爆)。

 

母にも聞いたら
同じことを言っていて
改善されないのなら病院を変えると。

まさか、患者さんを
減らすためにわざとそうしたなんて
思いたくはないですがね。

 

不適切な表現かもしれませんが
病院的には生産性が向上し
効率的に処理できるように

なったんでしょうね。多分。

 

が、結果として
患者さんの負担が増えてる。。。

 

病院は我々のような
純商業目的じゃないのかもしれないけど

ハードが劇的に進化したのに
ユーザビリティが退化したんじゃ、ね。。。

 

ユーザビリティは
 「ハード」だけじゃくて
  「ソフト」と「オペレーション」も

同じレベルで備わらないと
 折角の設備投資が無駄になっちゃうよと。

 

「誰のため」「何のため」の

根本をはき違えちゃうと

「仏作って魂入れず」になりますね。