アーカイブ
archive

「ウニ・カニ・イクラ」の次に「連想」されるには。

2019.08.18 (日)

 

 

「北海道の海産物は?」って聞かれたら
皆さん、何を思い浮かべますかね。

 

やっぱ「ウニ・カニ・イクラ」ですかね(^^;)

 

そら、そうなっちゃいますよね。

 

日曜日の夜に車を運転しながら
聞いていた

 

声優の野沢雅子さんが
パーソナリティーをされてる
FM東京の番組で

改めて、そうだなあと。。。

 

野沢さんは北海道が大好きで
お休みが取れたら
北海道で市場巡りをされると。

で、大好物が
ウニ・カニ・イクラが盛られた「三色丼」。

 

ゲストが

 

「キャー!私も食べたい!!」

 

みたいな(笑)。

 

意図せずに聞いた
ラジオでも流れてくる

 

「ウニ・カニ・イクラ」情報のオンパレード。

 

余所者のなかでは
北海道を知ってる方だと
勝手に自認してる私ですら

 

刷り込まれちまいます。

 

 

なので、
何が言いたいかというと(汗)

 

あのヒトといえば
 あの会社といえば
  あの場所(地域)といえば

 

「●●」でしょ!と、覚えてもらうには

 

毎日毎日、何度でも

 

繰り返し繰り返し

言い続け、発信し続けないと

 

絶対に伝わりませんぜ。ってコト。

 

北海道には他にも
いいモノ、美味しいモノ、

 

例えば「●●」って
一発ドカンとキャンペーンを
やったくらいじゃ

 

「ウニ・カニ・イクラ」には
絶対に勝てやしません。

 

高級とかいう話じゃなくて
「認知」してもらうという意味で。

 

金かけて広告出したり
認知度を高めるテクニカルな手法も
それこそ選べない位ありますけど

 

まずは毎日毎日
 「言い続ける」「発信し続ける」

 

私たち中小零細企業は
 カネじゃなくて汗を出して
  頑張って参りましょ。

「そういえば」と、連想してもらえるように。