アーカイブ
archive

「便利ツール」で「代替されない」を目指せ。

2019.03.24 (日)

 

札幌駅の地下を歩いていたら
警●官の方々が制服で、笑顔で

 

「警●官、募集中!」なチラシを
道行く若者集団に
声かけして渡してという光景が(驚)。

 

今じゃ、あちらさんの世界も
人手不足?人材不足?

 

やる気のある奴が
応募して来ればいいんだ!

 

みたいな「待ちの姿勢」では
ダメなのかしら、ナンて
イロイロと妄想してしまいました(笑)。

 

素人はダシが勝手を言いますが(/・ω・)/
あちらさんの世界も当然

 

技術の進歩があり
ITやAIなどはドンドンと
活用し、これからも加速する筈。

 

ITやAIを活用する意図は
 確保できない人手を
  カバーする意味もあるでしょうが

ホントの意図は

彼らのお仕事の精度や確率を
 より高めるためでしょうから。

 

だから「ヒトを削減」には
多分、ならないんでしょうね。

 

是非は別にして
事件や事故があろうがなかろうが

 

「そこに居る」「そこに有る」が
不可欠なお仕事だと思うから。

 

ビジネス(商売)と
一緒にすんなと
叱られるかもですが(汗)

 

便利なツールがヒトの仕事を
「奪う」的な論調も多いですけど

 

ツールが代行できるってことは
 本質的には
  「ヒト」がしなくてもヨイこと。

 

ヒトの心が欲し抱く
 「安心感」とか「存在感」は

 

便利ツールでは決して
 代替できないのかなと感じた
日曜日のヒトコマでした。