アーカイブ
archive

「固定」+「流動」はPL(損益)でも。

2019.03.20 (水)

 

祝日の前とはいえ
連休じゃないし、学生さんの
春休みもマダ?だろうと

 

タカを括って羽田に行って
見事にドツボにハマりました。。。

 

過去幾度も失敗している(汗)
ヒトリくらい大丈夫だろうという
私の悪い癖(;_:)

 

当日飛び込みでの搭乗便変更。

 

今回は修学旅行という
大人数で変更やキャンセルがない
大口のお客さんがご搭乗により

 

寸分の隙間もない状況でした(爆)。

 

ハコものビジネスは
特にそうなんでしょうが

 

ビジネスをする側に立てば
これ「理想形」の一つですよね。

 

天変地異でもない限り
浮気せず、キャンセルせずの
一定数の固定客がいる。

 

当然、ボリュームディスカウントは
あるんでしょうけど、
確実に一定の収入が見込める。

 

その隙間を
私のような予定変更しまくりの(汗)
業者さんから見れば

 

あんまり宜しくない?
流動的な客が埋めていく(利用する)。

 

でもその代償として
変更が多いお客さんは
その分、単価が高い(割引が少ない)

 

どっちか一方に偏るのは
 非常にリスクが高いので
このバランスを取るのが妙ですね。

 

ホテルや交通機関などの
ハコものビジネスに限らず

 

各種のサービス業や
私のように無形サービスを
主に提供してる方々でも

 

「固定」+「流動」の組み合わせで

 

収益を上げていくこと
絶対にお薦めです。はい。

 

BS(貸借対照表)だけじゃなく

 

PL(損益計算書)も

 

「固定」+「流動}で、いきましょ。