アーカイブ
archive

セカンドオピニオンで、手遅れ防止。

2019.07.16 (火)

 

 

午前中に都合4時間ほど費やした
とあるプロジェクトに関して
改めて嫌と言うほど感じた

「情報の非対称性」。。。

例えば医療の世界。

プロである医者と患者では
圧倒的な情報の非対称性がありますから
これを少しでも拭うために

「セカンドオピニオン」を
求められている患者さんが
増えていますね。

 

身体生命にかかわる
問題だからこそ、出来る限りの
「自己防衛」とも言えます。

 

ワタシがメインのお仕事にしている
株式の上場準備業務とか
M&A、事業承継の世界。

ネットでキーワード検索すれば
確かに情報は溢れかえってますが
正直、お客さま側からすれば

何とも判りづらいし
食べログのようにクチコミが
ある訳でもないし、何とも不親切。。。

業界に生きる人間の一人として
反省しきりな一方

「会社の生殺与奪」に
直結しかねないのに
意外にもセカンドオピニオンを

取っていない会社が多いんですよね。。。

 

今回お受けしたのは
正にその「セカンドオピニオン」
だった訳でして

結論「手遅れの一歩手前」で
何とか、最悪の事態を回避。

 

コストのかかる話ですから
簡単に踏みだせない面はあるでしょうが

皆さん「相見積もり」は取るのに
「セカンドオピニオン」は取らない。

 

自分がその世界に熟知してれば
「セカンドオピニオン」は不要ですが

自分が熟知していない分野や
 直感的に違和感を感じコトは
  必ず「セカンドオピニオン」を取りましょう。

手遅れになる前にね。

「延長」すると「不公平」になる。

2019.07.15 (月)

 

 

最近はビジネスの世界のみならず
行政の政策分野でも

「プロスペクト理論」を始めとする
行動科学の知見を用いて

政策効果を高める取り組みが
されてるそうです(日経新聞より)。

 

まさに金をかけずに
知恵を使っての好事例ですね。

ビジネスの世界では
行動科学の知見の一つである

「プロスペクト理論」を
使ってるケースが山ほどありますね。

「プロスペクト理論」を一言で表せば

「利益より損失に強く反応する。」

そういった人間心理をつく
期間限定キャンペーンなんか


正にその代表例ですね。

 

でもこの、期間限定のキャンペーンを

「好評につきキャンペーン、1か月延長!」

なら100歩譲って良しとしても

更にズルズルと安易に引っ張り
いつの間にかグダグダで
なし崩し的にキャンペーンの

期限がなくなってるケースとか
ありませんかね。。。

 

これ、最初の期間に買ってくださった
お客さまに対する裏切り行為です。

信頼は喪失し二度と振り向かれなくなる。

そして悪い話ほど
アッという間に拡散しますしね。

ビジネスの世界では
「信頼喪失=破綻」に直結ですから
より切実ですが

発した言葉を厳守するのは
行政もビジネスも同じこと。

 

行動科学の知見を使う時は
「平等」ではなく「公平」の観点で。

我が身に言い聞かせつつ
余計なお節介を思ったのでした。

予習は知ること。復習は思索すること。

2019.07.14 (日)

 

 

 

皆さん「ウィンドウ・ショッピング」されます?

ワタシは、書店以外では一切、しないです。。。

 

買い物をする時は
買うものをメモに書いて
目的地めがけてマッシグラ(爆)。

で、目的を果たしたら速攻去る(笑)。

 

いわゆる「クロスセル」をしない
お店的には、招かれざる客かも(汗)。。。

 

そんな私ですが
去る12日の金曜日の
とある学びの復習という動機付けで

ウィンドウ・ショッピングもどきを
夕方にしてまいりました。

 

結果、予想だにしなかった
自らのビジネスにも関係する
学びや気付きを幾つか頂戴して

珍しく余計な?買い物まで
してしまいましたが( ;∀;)。

子供の頃からよく
「予習復習しなさい!」って

周囲から言われ続けてきましたが(笑)。

 

今回、いい年こいたオッサンは
改めて「復習」の大切さを
実感したのでございます。

ビジネスコミュニケーションにおいて
お相手について「予習」することは
  最低限のマナーでありますけど

これ、アンマリやり過ぎると
お相手に対する「予断」が形成される

恐れがあるんじゃないかと。

「予断」を是正するのって
  結構、大変ですし、結果
   取り返しのつかない見落としや

すれ違いを産むこともある。。。

なので、予習は「定型」情報に留めて
 「定性」情報に関しては
  「復習」で理解を深めるのが良いかと。

「予習」は「定型」を軸に
 「復習」は「定性」を軸にじっくりと。

てなことを考えた連休の中日でした(*^▽^*)