アーカイブ
archive

伝えたいコトは、分解して、掘り下げよう。

2019.07.26 (金)

 

 

最近、様々なインプットの場で
従来以上に気になるポイントがあります。

それは「飽きるか、飽きないか」(爆)。

勿論、ワタシ自身が抱く気持ちですが
と同時に、周囲の様子をそれとなく見ちゃう。

 

なので、極力
全体を見渡せる最後部に座ります。

他の皆さん、どんな感じかなって。

 

学びの姿勢としては
褒められる行動では
ないかもしれませんが(汗)。

で、話をもとに戻すと(笑)
セミナーとか講演といった
学びの場に参加する動機って

ヒトそれぞれ幾つもありますが
ビジネスパーソンが学ぶ場合

自分が抱える悩みや課題を
 解決するヒントや知識を得たい

がイチバン大きいかなって
勝手ながら思っています。

 

で、期待して参加したら

「そんなの知ってますよ。」

だらけだと、飽きる。。。

かと言って知らないことだらけの
専門用語や概念のオンパレードで
それを延々と解説されるだけだと

飽きる。というか疲れる( ;∀;)

金曜日に参加したセミナーは
私にとっては苦手キーワードが多く
自分のビジネスフィールドには

正直、近くはなかったんですが
講師の先生が程よい感じに息つく暇なく

何故か?の観点で
要素や概念を分解して掘り下げていく

で、ブレークダウンし続けた結果
最後に導かれた言葉と内容が

聞き手が理解できる
身近な内容に置き換わってる。

 

なので「おー!納得!」となり
聞いてよかった、参加してよかった。

となった次第。

 

この話法と技術

よくよく考えてみれば
講師だけに必要な話じゃなくて
ビジネスを営むヒト全てに必須かと。

お客さまに商品やサービスを
 お伝えするときにも「有効!」です。

 

伝えたい結論は
 要素を分解して掘り下げまくる。

 

これ以上「ムリ」ってとこまで。

 

ワタシも目下、修行中です(*'ω'*)