アーカイブ
archive

思考をアウトプットすれば、インプットは深まる。

2019.07.10 (水)

 

 

S.I.さんとは
彼が初任地の稚内でご縁を頂いて以来
早いもので、お付き合いも6年目。

彼の前任地の
美幌町でもお世話になりました。

今年の4月の異動で札幌に来られ
お声がけ頂いたものの(嬉)
私の勝手なる都合で(反省)

幾度のリスケを経て
ようやっと再会しました。

 

物静かで控えめな方ですが
愚直に黙々と物事を続けるコトに
とっても秀でておられる御方。

 

何よりも他者からのアドバイスを
 素直に受け止めて即実行される。

年齢性別立場を問わず
伸びる方、成功される方に共通する
  「素直」に「即行動」で「継続」。

まだ20代後半ですが
本音本心で、リスペクトです。

僭越ながら一昨年に
私が何気なく発した一言を

キッチリと受け止めて下さり
翌日から早速行動し継続されている。

 

で、その継続から自ら
キッチリと感じ学ばれて
的確な言葉で表現された。

 

日常の何気ない風景や、日々のルーティンも
 アウトプットを意識することで
  見え方や感じ方が変わりますと。

アイデアが湧かないとか
ネタが出てこないとか
煮つまること、誰だってある。

 

私も、ショッチュウ苦しんでます(爆)。

 

無から有なんて、産まれません。

 

だから「インプット」するんですが
同じだけ「アウトプット」しないと。

同じ道、同じ風景、同じ食べ物でも
日々、天気も違えば歩ているヒトも違うし
体調次第で上手い不味いの感じ方も変わる。

 

感じ方の違いを表現する。
 つまり、アウトプットには「思考」が伴う。

最初はどんな
つたない一言でもいいから

アウトプットの際には
 「事実」プラス「思考」の言葉を。

 

若くして守破離の「守」を
愚直に守り抜いて「破」へ
そして「離」に辿りつきつつある

S.I.さんの
静かな佇まいの中にある

頼もしさを感じて思ったことでした。