アーカイブ
archive

「実は」を切りだす「タイミング」。

2019.07.21 (日)

 

 

参議院選挙の投票締め切り後
テレビ各局は選挙報道一色。

 

事前にメディアでも報道され
テレビも開始直後から
事前予測とほぼ、違わぬ内容。

予測精度の高さに感心しつつも
正直なところ、つまらない。。。

何というかこう、
事前予告で番組の内容を
事前に知っちゃいました的な(;_:)

 

選挙をビジネスやエンタメと
比べることは
ナンセンスですが( ;∀;)

ビジネスやプロモーションで
展開する動画やブログとかで
こんなことしたら

お客さんに相手にされませんわな。。。

そんなことを考えつつ
私の思考は別なところに(汗)。

 

先ずは知ってもらうための
 プロモーションと

知ってもらった後の
 仕掛けを混同しちゃいかんなと。

知ってもらえず埋もれれば
そもそも話にならないので
先ずは知ってもらうが大事。

 

そして「存在を認知」
してもらった後がもっと大事ですが

 

「そんなこと、全部知ってるよ。」

「は?全然期待と違うじゃん!」

と、導入段階で
お客さまに思われた瞬間
中盤や後半にとっておきの

サービスやコンテンツを仕込んでても
お客さんは途中で離脱される。。。

そして離脱したお客さまに
再び振りむいてもらうのは
まず、難しいでしょうね。。。

 

書きながら自分の耳が
痛くなってきましたが( ;∀;)

 

そのキーワードやテーマを
薄らボンヤリと
何となくは知ってるけど

実際のところ、どうなの?が
アンマリ分からないよ!

 

なので

「知りたい!」

 

「教えてよ!」

という感情をお客さまが
 抱いてくださった「タイミング」で

「実は」をお伝えする。

これが出来れば
お客さまが途中で飽きて
離脱はなくなるなと。

 

「タイミング」って
  何ごとにおいても「大事」ですね。