アーカイブ
archive

生産性の向上と顧客の利便性のギャップを埋めると、商機が産まれる。

2019.07.29 (月)

 

クーラーの効いた部屋や乗り物から
蒸し暑い外との行ったり来たり。。。

誰しも避けられないですが(;_:)
にしても、オフィスに戻って
仕事を着手するのに

いつもより時間がかかる(反省)。。。

業務効率というか
生産性が落ちている感じです(猛省)。

しょうもない言い訳は
この辺でヤメルとして(笑)

昨今、働き方改革や
人手不足傾向も相まって、生産性の向上を!
の論調がもはや、日常のキーワードと化してる。

 

生産性を向上すること自体
異論はないでしょうし、私もないです。

 

特に経営者の皆さんにとっては
尚更というか、大歓迎すべきこと。

で、今更なんですけど(汗)
ここ数日の間で、某小売店さんの
無人レジとやらを利用したんです。

結論、メンドクさくて
暑さと混雑もあってチョイト
イライラしちゃいまして(>_<)

今のママなら私、二度と使いません。

 

だって全てが終わるまでに
何度もイロンナ確認が入るんだもん。

 

有人レジの方が遥かに早い。

確かに、この無人レジは
企業サイドの視点に立てば

人手不足問題を解決し
省力化や生産性向上という
メリットがあるんでしょう。

 

が、少なくとも現状のママでは
お客さんには不便と
ストレスを与えてしまう。

 

そして最悪、お客さんは離れる。

 

生産性向上に取り組むときは
 お客さんの利便性(顧客志向)を
  第1に考えないと、本末転倒の結果になる。

逆に考えると
痒い所に手が届くを第1にすれば
  中小事業者に商機は充分にアリ。

生産性向上と
 顧客の利便性が相反しているコトを

中小事業者の皆さま
 是非、見つけてみてくださいね。