アーカイブ
archive

セカンドオピニオンで、手遅れ防止。

2019.07.16 (火)

 

 

午前中に都合4時間ほど費やした
とあるプロジェクトに関して
改めて嫌と言うほど感じた

「情報の非対称性」。。。

例えば医療の世界。

プロである医者と患者では
圧倒的な情報の非対称性がありますから
これを少しでも拭うために

「セカンドオピニオン」を
求められている患者さんが
増えていますね。

 

身体生命にかかわる
問題だからこそ、出来る限りの
「自己防衛」とも言えます。

 

ワタシがメインのお仕事にしている
株式の上場準備業務とか
M&A、事業承継の世界。

ネットでキーワード検索すれば
確かに情報は溢れかえってますが
正直、お客さま側からすれば

何とも判りづらいし
食べログのようにクチコミが
ある訳でもないし、何とも不親切。。。

業界に生きる人間の一人として
反省しきりな一方

「会社の生殺与奪」に
直結しかねないのに
意外にもセカンドオピニオンを

取っていない会社が多いんですよね。。。

 

今回お受けしたのは
正にその「セカンドオピニオン」
だった訳でして

結論「手遅れの一歩手前」で
何とか、最悪の事態を回避。

 

コストのかかる話ですから
簡単に踏みだせない面はあるでしょうが

皆さん「相見積もり」は取るのに
「セカンドオピニオン」は取らない。

 

自分がその世界に熟知してれば
「セカンドオピニオン」は不要ですが

自分が熟知していない分野や
 直感的に違和感を感じコトは
  必ず「セカンドオピニオン」を取りましょう。

手遅れになる前にね。