アーカイブ
archive

「出る杭」は「いつ」失われるのか?

2019.02.17 (日)

 

年に数回、甥姪のお世話というか
お相手をするオジサンな私です。。。

 

とにかく、体力第一ですね(笑)。

 

至極当然なことなんでしょうが
子供って見てると個々人の
個性がハッキリと見えますし

 

当人も自分の思いや、やりたいことを
恥ずることなく堂々と表し、実行する。

 

そりゃそうだろ?子供なんだから。

 

んー。夜の会議でも
改めて思ったんですが
欧米の方はもとより

 

アジア各国のビジネスパーソンも
英語の上手いヘタとかは
ものともせずに、自分の主張を

 

ビシバシと言うし
ワカラナイことは「何故?」って
直ぐに聞いてきますよ。

 

我々日本人、子供の頃は
誰しも自分を素直に表現してたのに
どこでこれを、失ったんでしょう・・・

 

学校教育とそれをベースとした
社会の構造なのか

 

私如きが窺い知れない
悠久の流れがそうさせているのか。

 

でもね、いいモノ持ってても
 お客さんに伝わらず
  売れなけりゃ露と消えてく

 

特に中小ベンチャーでありがちな
 シビアで悲しい現実

 

世界のアチコチで
 資源モロモロを買い負けたり
  日本の存在感が低下している状況

 

もはや、放置してる場合じゃない。

 

これも言われて久しいですが

 

「出る杭は打たれる」から

 

「出る杭を良き方向に伸ばす」に

 

舵を切らねば。

 

ヒトゴトじゃなくて
自分自身が小さな取り組みから
即実行だなと

 

疲れた腰をさすりながら(汗)
改めて考えた日曜日の夜でした。