アーカイブ
archive

ヒトは何故「発祥の●●」に、惹き付けられる?

2019.02.02 (土)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【2月2日(土)】

<ダイジェスト>

横浜の馬車道(関内)から

東京の品川

神保町を経て

2週間ぶりの東京自宅。

 

本日も好天で
穏やかな冬晴れの一日でした。

 

 

 

<時々刻々の記>

正午過ぎまで
横浜馬車道のホテルでノンビリ。

全国津々浦々に行きましたが
灯台下暗しというか?
ここなら住みたいなあ、なんて(爆)。

てな感情はさておいて(笑)
車で向かうは東京の品川。

渋滞なしの快適ドライブで
13時前には到着(嬉)。

 

シナガワグース内の
カフェでチョイトお仕事してから

週末恒例、お約束のストレッチ整体。

終えて16時過ぎに事務所につくと

パートナー企業の幹部の皆さんが
会議室に勢ぞろいでお仕事中!

 

私は自席で黙々とタスクをこなし
18時からはクライアントさん
パートナーの皆さんとスカイプ会議。

 

会議終了後も残務をこなしてから

21時過ぎに自宅へ帰還。

 

その後は郵便や新聞を片付けながらも
ノンビリまったりな土曜日の夜でした。

 

 

 

________________________

■<2>ヒトは何故「発祥の●●」に、惹き付けられる?
________________________

横浜の中心部である馬車道(関内)。

 

過去、仕事や会食で
幾度も訪れたことはありますが

 

短時間とはいえヒトリ気ままに
ブラブラと歩いたのは
恐らく初めてではないかと(^^;)

 

何だか居心地のイイ街だなと。

 

つくづく、俺って単純(爆)。

 

多くの方がご存じだと思いますが
横浜って港町という立地もあり
いわゆる「文明開化」の空気感。

 

で、マチナカをぶらつくと
随所にさり気なくアチコチに
「●●発祥の地」とかのモニュメントが。

 

今の時代、商品的には
「味」や「性能・機能」で
「元祖」「発祥」を凌ぐモノは

 

それこそ数多ある訳ですが

 

ホントの「元祖」や「発祥」が

未だに人々を惹き付けてやまないのは

何故なんだろう?

 

なんてコト
ボーっと歩きながら考えちゃいました。

 

今更私が言うまでもなく
モノやサービスが産まれた過程や
現在に至るまでのヒストリー。

 

即ち

「ものがたり」に
 感情ある人間は
 惹き付けられる

のでしょう。

 

「元祖」や「発祥」を
意図して産みだすのは大変ですけど

 

人間にも会社にも
それぞれの皆さんが取り組んでいる
ビジネスや製品サービスにも

 

必ずどこかにオリジナルの
 「ものがたり」や
  「ヒストリー」は存在してる筈。

 

製商品やサービスの改良カイゼンは
モチロン大事ではありますが

 

そこだけ追求すると
やもすると「レッドオーシャン」に
陥る罠が随所に転がってる。

 

何故、今の道に?

 

何故、今の仕事を?

 

を突き詰めたその先に

誰も真似できない「ブルーオーシャン」な
自分だけの「ものがたり」は存在する

のでは?

 

昨晩の語らいで
過去の引き出しを上手に開けてくれた
友のさり気ない質問力に

 

感謝しながら馬車道を歩き
感じたことを今日は一文に。
____________________