アーカイブ
archive

噂や陰口なんぞは「鈍感力」で突破せよ!

2019.01.09 (水)

 

夕方からクライアントさんの
若手、いや中堅?

 

まあ、そんな区分は
どうでもいいことですが
身上に係る相談をお受けして

 

結果、深夜まで奔走することに。

 

こういう事に対応するコト
稀にあるのですが
先ずは、相手の話を聞くことに徹する。

 

 

その上で相手の話に沿って
1つ1つ「いつ」「どこで」「誰に」

 

といった感じで
個別の背景を特定するため

 

事実を明らかにするための質問を
することにしています。

 

今回のケースに限って言うと
本人からは
反発があるかもしれませんが

 

本人がそういう判断に至る
「事実」の裏付けがなかった。

 

言いかえれば
裏付けのない「伝聞」で
人生を左右しかねない

 

決断をしようとしていたと
いうことです。

 

これは流石に看過できないと
思いつつも、

 

本人の解釈の仕方は
ある意味自由な訳ですから

 

私も断定は避けて
事実に基づく見解を述べるに
留めることにしました。

 

何故なら相手は
ヒトリの自立した大人ですから。

 

厳しいようですが
最終判断は本人に委ねた。

 

自分の五感で事実を確かめる。

 

何か捜査機関みたいな表現で
嫌なんですけど、即ち

 

「裏を取る」ことなく

 

伝聞や噂で物事を判断するノッテ「危険」

 

じゃないですかね。

 

そんなの当たり前でしょ?

 

と指摘を受けそうですが(汗)
実は些細なことを含めて
そういうのって誰しもあるかも・・・・・

 

私だって例外じゃない。

 

心が弱っているトキは特に
その罠に陥る可能性ありです。

 

でもね、別にいいじゃないですか。

 

仮に裏で陰口や悪口を
言われてたとしても
面と向かって言われなきゃ

 

ある意味「勝ち」ですよ。

 

それを自分に向かって
言い放つ勇気や根拠がないんだと

高を括る位の「鈍感力」で丁度いい。

 

本日は好き放題やっている
中年オジサンからの(笑)

 

これからのビジネスを背負う
未来ある若者への
エールを込めて書きました。

 

負けるな!頑張れ!