北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【8月28日(火)】

<ダイジェスト>

名寄(なよろ)市から南下し
2年ぶりに剣淵(けんぶち)町へ。

 

その後は旅のスタート地点の
旭川市を経由して

 

12年ぶりの再訪となる
美瑛(びえい)町と富良野(ふらの)市へ。

 

不肖小生の46歳の誕生日に
沢山のお祝いメッセージを頂き
心より感謝の一日でした!

 

 

 

<時々刻々の記>

9時過ぎにOさんとホテルを出発して

名寄といえば「向日葵」ということで
車で10分ほどの「サンビラーパーク」へ。

http://www.nayoro.co.jp/sunpillarpark/

 

一面に広がるヒマワリ畑と
雄大な景色に心癒された矢先

 

関東のクライアントから
バースデーメッセージと共に
ビジネス相談の電話対応(爆)。

 

想定外に電話が長引き(汗)
チョイと巻いて巻いてな移動開始。

 

11時過ぎに
2年ぶりの再訪となる剣淵町に到着し

(株)けんぶちVIVAマルシェの
武山取締役にお時間を頂戴し、訪問。

http://vivamarche.com/

直近の事業の状況などをお伺いし
諸事、打ち合わせなどをさせて頂き
恒例の記念撮影(大感謝!)。

次に向かったのは、
旭川市江丹別(えたんべつ)町の
旭川あらかわ牧場。

http://www.dairy.co.jp/edf/list/hokkaido/arakawa.html

 

チーズ作りで繁忙の最中
笑顔で丁重にご案内くださった
荒川 求(あらかわ もとむ)さん。

本当に本当に有難うございました!!

 

14時過ぎ、「旭川ラーメン村」で

http://www.ramenmura.com/

遅めの昼食にありついてから

目指すは美瑛町。

 

途中、我々世代以上の方には
思い出深いと思われる

「ス●イ●イン」のCMでお馴染みの

「ケンとメリーの木」

からの

 

「マイルドセブンの丘」へ。

寄り道(笑)を終えた後は
本来の目的地である
手作り珈琲と看板の店「北工房」さんへ。

http://www.kitakouboh.com/

穏やかでお優しい
オーナーの石村さんご夫妻に迎えられ

オリジナルの「大豆ブレンド」を

作られた想いや、美瑛町への想いなど
示唆に富む沢山の教えを頂戴し

来店されていたプロカメラマンの
「Nao Akimoto」さんにも

https://blog.pashadelic.com/author/naoakimoto

親切にして頂き
お二人と記念撮影を(大感謝)!

名残惜しくも皆さんと別れた後は
生憎の雨模様でしたが(残念)

 

日没前でも多くのお客さんで賑わう
「青い池」へ。

以上にて日没前の取材は
全て完了につき
本日の宿泊先である富良野市へ。

 

観光やレジャーを楽しんでいる
お客さんが多い中で
明らかに場違いな私たちは(爆)

オトナシク部屋に引き篭り(笑)
デスクワークを済ませた後に

 

打ち合わせをしながら
マチナカ飲食店で

乾杯したのでした!

本日も出会った全ての皆さまに
感謝・多謝・大感謝の一日。

 

 

 

________________________

■<2>「時間距離」を超えた先にあるものを!
________________________

Wake Up Hokkaido!

https://goo.gl/RE2RQr

https://bit.ly/2GKNo9y

 

取材ツアー3日目は
楽しい夜を過ごさせて貰った(感謝)

 

名寄市から一転南下し
剣淵町、旭川市、美幌町を経て
富良野市に一夜の宿を得ました。

 

北海道は面積が広大なこともあり
行政の出先機関である振興局が
道内各地(14箇所)にあります。

 

振興局の名称に連動する形で
天気その他で●●地域といった
区分けがされるのですが

 

私たちが今回訪れているのが
「上川(かみかわ)地域」です。

 

で、この上川地域、とにかく広い。

 

http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/gaiyo/gaiyo_01.htm

3泊4日でも
とてもとても、行き尽くせない。

 

因みに、3泊4日で
私たちがチャンと足を降ろすのが
この地域に23ある市町村のうち

 

「8つ」の予定。

 

これを多いと見るか
少ないと見るかは
ヒトそれぞれですが

 

移動に要する
「時間距離」的には
結構、ハードです・・・

 

(あくまで、個人(私)の感想。)

 

まあ、私たちみたいな
ヘンテコリン?な移動を繰り返す方は
殆どいないとは思いますが・・・・・

 

「時間距離」をかけても
行ってよかったなあ
会えてよかったなあ

 

と、思えた出来事や
素敵で楽しい出会いが
今回も沢山ありました!

 

って明日の記載もあるので(汗)
過去形にしちゃいけないんですが。

 

「時間距離」は確かに
地方にとってはハンデだけれど

 

それをある意味、逆手に取って
頑張ってらっしゃる方々に
リアルに出会うことなく終わるのは

 

ビジネス的にもチャンスロスだなと。

 

時には「時間距離」の壁を
 乗り越えてみてくださいね。

 

思わぬ出会いとチャンスが
 貴方を待ってるかもです。

____________________