北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

『嫌われる勇気』著者による、自分との人間関係を築くアドバイス。

2023.10.15 (日)

 

10年もたつと大抵のことは
忘れてしまう垰本泰隆ですが(笑)

約10年前の
発売直後に読んだ
『嫌われる勇気』は

【アドラーの教え】 嫌われる勇気、幸せになる勇気 2冊セット

世界40以上の国と地域で翻訳され
世界的ベストセラーになったこともあり

今でも大体の内容を
覚えている一冊です。

その著者の一人である
古賀史健さんによる

『さみしい夜にはペンを持て』

さみしい夜にはペンを持て (一般書)

という本を偶然見つけ
タイトルからして
前作とはテイストが
違いそうだなあという

単純な好奇心で
読んでみました。

結論を言うと
期待を裏切らずw

ひとことで言えば
文書術の本でした。

が、構成は
お勉強チックでもなければ
マニュアル本仕立てでもなく
なんとも滑稽な小説でした。

本書の主人公は
いじめられっ子の中学生で
勉強も運動もダメダメで
自己肯定感がゼロな人物

じゃなくて
タコのタコジロー君w

そのタコジロー君が
得体の知れない怪しい
ヤドカリのオジサンと出会い

そのオジサンから
日記を書くことを勧められた。

最初は嫌々、
かつ怪しさに半信半疑で
書き始めた日記を
10日間続けていった結果、

ダメダメな生き様が
徐々に変わっていき
最終的には・・・・・
(種明かしは
野暮なのでしませんw)

 

そしてこのストーリーの過程で
文書力を向上させる
分かりやすく実践的なアドバイスが
著者ならではの
ユニークな比喩で紹介されています。

『さみしい夜にはペンを持て』

さみしい夜にはペンを持て (一般書)

===ここから目次===

そしてぼくは、おじさんと出会った
1章 「思う」と「考える」はなにが違う?
2章 自分だけのダンジョンを冒険するために
3章 きみの日記にも読者がいる
4章 冒険の剣と、冒険の地図
5章 ぼくたちが書く、ほんとうの理由
6章 「書くもの」だった日記が「読むもの」になる日
エピローグ

===目次ここまで===

ちなみに私が
気になった部分を
いくつか紹介します。

・「思う」と「言う」には距離がある

・「書くってね、自分と対話することなんだよ」

・考えるとは「答え」を出そうとすること

・出来事ではなく「考えたこと」を書く

・いまの自分が「あのときの自分」にインタビューする

・おしゃべりの9割は「返事」でできている

文書を書くのに
苦手意識を持っている方は

『さみしい夜にはペンを持て』

さみしい夜にはペンを持て (一般書)

を読んで
タコジロー君のように
人生(大袈裟かな)と
苦手意識が
変わるきっかけを
掴んでみてくださいませ。

=====================

↓ビジネスに役立つ気づきを無料配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

スポンサードリンク
 «   2024年 5月     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • 2024年5月 (16)
  • 2024年4月 (21)
  • 2024年3月 (31)
  • 2024年2月 (29)
  • 2024年1月 (31)
  • 2023年12月 (31)
  • 2023年11月 (30)
  • 2023年10月 (31)
  • 2023年9月 (30)
  • 2023年8月 (31)
  • 2023年7月 (31)
  • 2023年6月 (30)
  • 2023年5月 (31)
  • 2023年4月 (30)
  • 2023年3月 (31)
  • 2023年2月 (28)
  • 2023年1月 (31)
  • 2022年12月 (31)
  • 2022年11月 (30)
  • 2022年10月 (31)
  • 2022年9月 (30)
  • 2022年8月 (31)
  • 2022年7月 (31)
  • 2022年6月 (30)
  • 2022年5月 (31)
  • 2022年4月 (30)
  • 2022年3月 (31)
  • 2022年2月 (28)
  • 2022年1月 (31)
  • 2021年12月 (31)
  • 2021年11月 (30)
  • 2021年10月 (31)
  • 2021年9月 (30)
  • 2021年8月 (31)
  • 2021年7月 (31)
  • 2021年6月 (30)
  • 2021年5月 (31)
  • 2021年4月 (30)
  • 2021年3月 (31)
  • 2021年2月 (28)
  • 2021年1月 (31)
  • 2020年12月 (31)
  • 2020年11月 (30)
  • 2020年10月 (31)
  • 2020年9月 (30)
  • 2020年8月 (31)
  • 2020年7月 (31)
  • 2020年6月 (30)
  • 2020年5月 (31)
  • 2020年4月 (30)
  • 2020年3月 (31)
  • 2020年2月 (29)
  • 2020年1月 (31)
  • 2019年12月 (31)
  • 2019年11月 (30)
  • 2019年10月 (31)
  • 2019年9月 (30)
  • 2019年8月 (31)
  • 2019年7月 (31)
  • 2019年6月 (30)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)