北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

同業者でもない、従来型ファンドでもない、第三の選択肢とは?

2021.02.04 (木)

 

某老舗企業と某ベンチャー企業との
資本業務提携が無事に内定(*^-^*)

提携してからが
ほんとうの始まりですから
気を引き締めてサポートし続けます。

今回、出資してくださる
某老舗企業は
投資されても株式を売却せず
末永く持ち続ける方針です。

じゃあどうやって
投資した資金を回収するのか?

さる2月2日の日本経済新聞で
大きく報道された記事に
まさにその答えがのっております。

記事の概要は
最近は投資ファンドでも
所有した株式を転売しないスタイルが
増えつつあるというもの(下記)。
http://s.nikkei.com/2YGI2XY

でも投資ファンドには
かならず出資者がいますから
株式を売却しキャピタルゲインを出さずに
どうやって出資者にお金を返すのか?

投資先が安定的に成長できるよう
経営のサポートなどをしながら
配当を長期的にうけとることで
長い目で資金を回収していくスタイル。

中小企業の事業承継問題
すなわち後継者不足が
叫ばれて久しいですが

引き継いでくれる個人や会社を
ピンポイントで探し
ピタッとマッチングするってのは

そうそう簡単なことじゃあない。

なので、それなりの
資金力や人材ネットワークをもつ
専門ファンドってのは
実は有力な後継者候補といえるのですが

ファンドはどうせ
うちの会社を買収したあと
何年かたったら
また誰かにうちの会社を転売するんでしょ?

そんなことをされたら
社員や取引先が不安になっちゃうよ・・・

と思われる
オーナー経営者が多いですし
それはある意味、そのとおりです。

そんな不安や悩みを解消する
転売しないファンドが
増えつつあることは喜ばしい動き。

同業でもなければ
キャピタルゲイン狙いのファンドでもない

「第三の選択肢」

今回ご紹介したような事業承継やM&Aにかかわる
日々のタイムリーな情報提供や
交渉代行から事務手続きまで
オールインワンで弊社がサポートします!

お気軽に下記をご活用・お問い合わせくださいませ!

会社と事業の「買い方」と「売り方」を
初めての方にもわかりやすくお伝えします。
(↓下記動画をご参照ください↓)
https://bit.ly/3j4Jjjt

※セミナー・研修・コンサルティング
(対面・オンラインどちらでもOK)のお申し込みは
下記までお気軽にお問い合わせください※
https://bit.ly/3kG6ylL

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク