北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

売りたいものだけを売れる!買いたいものだけを買える!のがメリットですが、、、

2021.02.02 (火)

 

M&Aをおこなう上では
いくつかの方法があります。

もっともポピュラーな方法は
相手方の会社の株式を買う方法(株式譲受)。

他にもいろんな方法がありますが
そのうちの1つである事業譲渡(譲受)。

これについて質問や相談が多い内容を
ちょいと説明したいと思います。

そもそも事業譲渡(譲受)とは?

サラッとおさらいしておくと
会社を丸ごと買うのではなく
相手方の会社がいとなむ事業が

「飲食業」「小売業」の
2つあった場合に「飲食業」だけ
売ります(買います)ということ。

メリットはずばり
買い手は必要なものだけを買える

売り手は売りたいものだけを売れる

ということ。

が、メリットと裏腹
ちょいと大変なことがあります。

事業に関する権利義務について
個別に手続(引継)をしなければならない
「特定承継」であること。

ちなみに株式譲渡(譲受)の場合は
権利義務を一括して引き継ぐので
「包括承継」といいます。

で、特定承継について
一番気をつけなきゃいけないのが
従業員さんの移籍がともなう手続きです。

ひとことで言ってしまえば
移籍される従業員さんに関しては
労働条件に関して個別合意が必要であること。

実はあんまり知られていませんが
これらの手続きに関する指針を
厚生労働省が下記の通り出しています。
http://bit.ly/3rcRAX1

とは申せ、上記をご覧いただいても
んー。なんだかよく分からんわ・・・

という方も多いと思います。

なので、従業員さんの
移籍をともなう事業譲渡(譲受)
に関しては、早め早めに
お付き合いのある社労士さんをはじめ
専門家に相談してもれなく進めたほうがよいです。

せっかく譲り受けても
従業員さんが納得して
士気があがらなければ

「こんなはずでは・・・」になりがち。

いくつもそんな事例に遭遇し
なんとかなりませか?といった
ご相談も受けてきましたので。

もちろん、なんとかしましたし
なんとかするよう頑張りますが
できれば、そうならないように
老婆心ながらご案内までに。

転ばぬ先の杖として
今回のようなお役立ち情報も
ご提供しますので
よろしければ下記をご活用ください(^.^)

会社と事業の「買い方」と「売り方」を
初めての方にもわかりやすくお伝えします。
(↓下記動画をご参照ください↓)
https://bit.ly/3j4Jjjt

※セミナー・研修・コンサルティング
(対面・オンラインどちらでもOK)のお申し込みは
下記までお気軽にお問い合わせください※
https://bit.ly/3kG6ylL

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク
 «   2021年 3月     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031