北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

ひさびさに岐阜県多治見市へ行ってまいりました(^.^)

滞在時間2時間弱でしたが(汗)。

目的は某金融機関(T社)さんとの
包括的な業務提携に関する件。

具体的なお仕事としては
T社さんのお取引先の企業さんに対して

私どものメンバーが講師となって
セミナーや研修をご提供したり

T社さんのお取引先企業さんへ
成長支援・事業承継・M&A
株式上場準備のコンサルティングを
ご提供したりといった内容です。

ご担当者から役員さんまで
うち揃ってお出迎え下さり
背中にピリリと緊張感が走りましたが

5分と経たずに和やかモード(^.^)
具体的な話がサクサクと進みました。

話がサクサク進んだ理由は身内褒めで恐縮ながら
パートナーのMさんがT社さんと培っていた

人間(信頼)関係です。

T社さんいわく
Mさんの仕事ぶりはよく知っていますよ。

なんたって紹介したお客さんから
感謝されていますしねと。

そしてこう、仰いました。

私ども(T社)が一番恐れるのは
お前の紹介で損したぞと
紹介したお取引先さんに言われることなんですよと。

損した!って聞くと

お前が勧めた(紹介した)
株や投資信託を買ったものの値下がりして損したぞ!

とかが思い浮かんじゃいますね。。。

でも今回、T社さんが仰った「損」とは
お金の「損」じゃないんですよ。

なにかと言うと、宙ぶらりん状態という「損」。

別な言い方をすると
いつまでたっても結果がでないという「損」。

たとえばと前置きされて、T社さんが話された事例。

お取引さんがM&Aで企業や事業を買いたいといわれ
M&Aの専業会社さんを紹介した。

M&Aの専業会社さんは、M%A以外の手段は提供しない。

なのでニーズにマッチする案件が出てこない限り宙ぶらりん。

待てど暮らせど頼りなしで、いつまでたっても結果が出ない。

のでお取引先さんは
相談したり書類を作った時間を「損」したと言われた。

ところがMさんに相談し
お取引先さんと膝をつきあわせ
そもそもなぜ、買いたいの?を突き詰めていった結果

M&A以外の手段で
お取引先さんが望む結果を出してくれたと。

Mさんは幅広いスキルを持ち
頼りがいはあるが無論、万能ではない。

そのMさんが信頼し
Mさんが持っていないスキルや経験をもつ
Oさんと私を連れてきた。

この3人を中心とした
チームで対応してくれる提案を断る理由がありませんよと。

ありがたく思うとともに
改めて背筋が伸び気合が入りました!

そんな私の決表明はさておき(汗)

今日のオチとして申し上げたいのは

そもそも、何故?そうしたいの?

を突き詰めていけば
最適な手段が見えてきますよ。ということ。

でも、突き詰めるためには
それを的確に引き出してくれる伴走者の役割が欠かせません。

経営者の皆さん、悩みや課題を解決するために
話を訊いて、思いの向こう側を
引き出してくれる伴走者はいますか?

もしおられなければ
私どものチームが喜んでお引き受けします(^.^)

私どもでなくても(爆)
取引金融機関やブレーン選びの時に
この人(会社)は思いを引き出せる伴走者なんだろうか?

なんて目線で視てみるとよいですよ。

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://peraichi.com/landing_pages/view/2nsfn