北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

本日はM&Aの資金調達に関することを書きたいと思います。

LBOローンってご存じでしょうか?

 

LBOはLeveraged Buyout(レバレッジド・バイアウト)の略語で

借金というレバレッジ(てこ)を利かせるという意味です。

 

で、LBOローンとは
買収先企業の資産や収益力を担保にした融資のことです。

 

このLBOローンを利用するのは
投資家から資金を預かって運用する投資ファンドが多いです。

いわばプロ集団ですね。

が、最近はこのプロ集団が銀行からLBOローンを調達できず
M&Aの買収競争に負けるケースが出てきている。

LBOローンが調達できない理由は
いまいま銀行はコロナ対策の融資で忙しいのと

景気の先行きが不透明で
プロの投資ファンドに対しても
銀行の査定が厳しくなっていること。

 

最近の事例ではホームセンターで有名なビバホームの

買収競争で投資ファンドが負けて

買収された企業より規模が小さい
同業者のアークランドサカモトが勝ち取った。

(6月17日付 日本経済新聞より)

 

思うにこういうケースは今後、大企業同士の話のみならず

私たち中小企業のM&Aでも増えてくる可能性があると思う。

 

小粒でもピリリと辛い小規模企業が
ことと次第によっては自分達より大きい
同業他社やシナジー効果が見込める企業を

手に入れるチャンスが出てくると思います。

ご相談にのっている件で
まさにそんな話があったもんですから
なおさら、こんなことを感じたのですが

来るべきチャンスを逃さないためにも
資金の「調達力」を高めておきましょう。

それ以前の部分も教えろよ!
というお声も複数頂戴していますので
下記のようなプログラムをご用意しておりますので是非!

会社と事業の「買い方」と「売り方」を
初めての方にもわかりやすくお伝えします。
(↓下記動画をご参照ください↓)
https://youtu.be/pzsFwHXk7U8

※セミナー・研修・コンサルティング
(対面・ZOOMどちらでもOK)のお申し込みは
下記メールアドレスまでお気軽にお問い合わせください※
info@tetraforce.jp