北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

既定路線でしたが昨日、緊急事態宣言が正式に
5月31日まで延長されましたね。。。

 

 

同時に新しい生活様式ということが
繰り返し発信されておりました。

とくに目新しい話はなくコロナ騒動が起きて以来
いわれていることを改めて発信した感じです。

 

 

皆さん様々な思いがよぎり
いろんな意見をお持ちだと思います。私も心中複雑です。

 

で、この新しい様式について商売の面で

誤解を恐れず端的に表現してしまうと

例えば飲食店さんならば

今後はお店の座席数を半減しましょう。

 

 

従来の発想でいえば
稼働率50%で満席あつかいにとも解釈できる。

 

 

となれば、従来と同じ収益を今までと同じ方法で

確保するためには、単価を2倍にするか

コストを2分の1にするしかない。

 

 

口で言うのは簡単だけど
実現するのは簡単な話じゃないです。。。

 

 

いつの日かワクチンが出来て
人々の記憶から不安が払しょくされれば
元に戻るのかもしれませんが

それがいつになるのか誰にも読めない。

 

 

私自身、今すぐに解を見い出せない
こんな問題をグルグル考えている最中に

日経新聞に掲載されていた
経営の視点というコラムが目に留まりました。

 

 

タイトルは「コロナが変える店と客」

 

 

ポイントを要約しますと、環境が大きく変わるときは

「続けること」「やめること」「始めること」の

3つを並行して考えることが大事。

店や企業と客との新しい関係は信頼し支えあう「親友」に。

 

 

私流に解釈すれば、裾野を広く全方位的にお客さんを
獲得しよう、増やして業績を伸ばしていこう。という世界は

グローバルでマスを追う大企業ならいざ知らす
私たち中堅中小零細企業や個人事業者に関しては、もう来ない。

 

では?どうする?第3の方法はあるのか?

 

私のお師匠の一人が繰り返し提唱されている

リピーターたるお客様の割合を高め

リピーターたるお客様のご利用頻度を如何に高めるか?

これから益々必須になると思います。

今回の件を点検と変革の契機ととらえ
ともに前を向いて歩んでまいりましょう!