北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

昨年末から本格的に着手を始めた

テトラフォース・パートナーズの

コンサルティング事業における新たな取り組み。

 

 

とは言っても今までになかった

奇抜なサービスを増やすって話じゃありません。

 

 

ヒトコトで言えば、お客さんと出会う

「チャネル」を増やしましょう。という取り組みです。

 

テトラフォース・パートナーズが今まで持っていた

お客さんと出会うチャネルは主に次の2つです。

 

 

お客さんや知人友人からの「ご紹介」と

自社メディア(ホームページなど)からの「お問い合わせ」。

 

 

上記の2つは今までもこれからも、大事な大事な「基軸」であり

今まで以上に感謝と共に大切に育みます。

 

が、この2つだけではいかんのです。

 

 

何故かというと「パッシブ」だから。

 

 

だから「アクティブ」チャネルの必要性を

かねてより考えてはいたんですが

現状、生きていけるし、何とかなっている。

 

 

だからね、行動に移せなかかった(反省)。

 

 

そう、私にもあるんです。「現状維持」バイアスが(汗)。

 

現状維持とは、行動しないこと。

 

 

別な観点で言えば、お客さんが

商品やサービスを買って下さらないこと。

 

 

ということは?

はい。私は今回、現状維持脱却のため、とある専門家の

「サービス」を買った訳です。

 

 

私が買う気になって、買った理由は幾つもあります。

私のスキルでは出来ないコトがあり

それを代わりにやってもらうという理由もモチロンありますが

それは「枝」。

 

 

テトラフォース・パートナーズがご提供しているサービスを

このチャネルに投じていけば、お客さんがこれだけ増える。

 

 

逆に言えばやっていないことで

お客さんとの出会いをそれだけ逃している。

 

 

てなことを具体的に数値で示されて

発注者たる私が腹落ちした。納得して、しまった。

早くやっておけばよかった。

よし、今からすぐにやろう!となった(笑)。

 

 

つまり、私がサービスを買った最大の理由は

「今のママでは、もったいない」と気づいたからです。

説得されてモッタイナイと思ったのではなく

私自身が長年、薄らボンヤリと思っていたことが

明瞭に言語化されて、潜在から顕在になっただけ。

 

お客さんがご自身が気付けていない

お客さんの表面的なニーズの向こう側にある

「何故、それが必要なのか?」に

お客さんご自身に気づいて頂く。

 

 

そんな働きかけを皆さんが出来れば

並居るライバルには必ず勝てるんじゃないかと。

己が経験から改めて、そんなことを思った次第です。