北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

20年来、公私に渡りお世話になっている

某証券会社の部長であるNさん。

 

 

当時、私が株式上場準備責任者として勤務していた

ITベンチャー企業の主幹事をして下さった

証券会社の担当者がNさんでした。

 

 

以来、互いに職場も役割も幾度か変遷しましたが

公私に渡り仲良くお付き合いをさせて頂いております。

 

ただ、Nさんと私の間で一つだけ、変わらぬ関係があるんです。

Nさんはいわば「フック」の天才であり、営業の神様。

で、そのNさんが「フック」したお仕事を

私がしっかりと受け止めて

細かな実務や仕上げをするという関係。

 

 

あ、私もモチロン営業します。むしろ営業が好き。

元来がベンチャーキャピタルの営業育ちですから。

 

 

ですが、Nさんとの付き合いで早々に悟ったことがあります。

Nさんの「フック力」には叶わないなということに。

 

 

ならば私は(失礼ながら)Nさんが、あまり持ち合わせてない

株式上場準備やM&A、企業再生に関する実務の遂行能力に

磨きをかけて、相互補完の関係になった方が

良いんじゃないかと思い、今に至ってます。

 

 

だからNさんと私は「師匠」「師事」の関係ではなくて

互いの強み弱みを補完しあう「パートナー」になれた。

あ、あのヒト凄いなあ!あの人みたいになりたいなあ!

と憧れて、「師事」するのも確かに一手ではあります。

 

 

でもね、ヒトモノカネに限りある小規模な組織や

個人事業主などは「追いつく」ために「師事」するよりも

弱みを補完しあう「パートナー」が断然良いと思います。

 

 

弱みは「克服」ではなく「補完」の方が

コストも時間も、はるかに節約できるなと

Nさんとお話ししながら、思ったのでした。