北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

「重要だけど緊急でない」コトの締切設定法。

2019.12.10 (火)

 

お客様の資料作成などではちゃんと出来るのに

自社のこととなると中々出来ていない

自社の事業構造を可視化する作業。

可視化を行う最たる理由は関係者と情報共有するため。

身内である社員はもとより

事業に深く関わって下さる皆さんと

事業の現状や構造を正しく見える形で情報共有する。

私が取り組んだのは第2領域の重要だけど緊急ではないこと。

「重要」だから、やらなきゃならないのは頭では判っているのに

「緊急」でないから、いつも後回しになる。

経営者ともなれば、怒ってくれるヒトも

普通はいませんしね。

でもね、ここをホントにやっとかないと、永遠にモグラたたき、

前出の時間管理のマトリックスで言うところの

緊急かつ重要な第1領域が延々と続き

その泥沼から抜けられなくなる訳です。。。

で、仕事した気分になっちゃう(/・ω・)/

第1領域だらけの泥沼から、脱却する方法は、

外圧を使って「緊急でない」。即ち、「締め切りがない」を

「締め切りがある」状態にすること。

という訳で昨日はほぼ、丸一日、

第2領域に取り組む時間として確保しましたが

もう一つ付け加えるならば

一日単位の締切時間も、外圧で設定すること。

外圧って書き方は若干、不適切かもしれませんが
ヒトと会う約束を一日の最後に入れちゃうとか。

これを設定せずに時間だけ天引きすると

大体ね、現実逃避するんです。

今日中に終わればいいや的になって

余計な片付けをしだしたりとか。

多分に私の恥をさらした反省文になってますが

「重要だけど、緊急じゃない」コトを

やらなきゃいかんなあと思ってる方や

時間があると、かえって横道にそれるなあ

何て感じてる方の、ヒントになれば幸いです。