北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

三波春夫さんの笑顔と、あの凄惨な体験を笑顔で話す、Y副社長が重なった。

2021.02.20 (土)

 

お客様から聞いてビックリ!な話が。。。

私たちが気づかぬうちに
必ず手にしているとある製品を
製造されている会社さんですが

製品に製造不良がみつかった。

当然のこととして
納品先(お客様)にお詫びして
製品をお取替えするという
対応をきちんとされています。

普通、ここで終わるもんだと思いません?

が、お話を聞いて言葉を失った。。。

なんと!その納品先の向こう側
取引先の取引先にまで
謝罪におもむかされ
それらにかかる経費も全部負担。。。

同業他社の事例では
製品単価?利益?が数円にもかかわらず
それらをリカバリーするために
億単位の費用を要することもあると。。。

業界の悪しき慣例だと
お嘆きになっておられましたが
度を越えているなと私は思う。

「お客様は神様です」のフレーズが
こんな時によく引き合いに出されますけど

この言葉を有名にした
あの三波春夫さんの真意とは
違った形で独り歩きしているようです。

三波春夫さんのオフィシャルページ↓
https://bit.ly/3qD29mz

に、こんなくだりがありました。

歌う時に私は
あたかも神前で祈るときのように、
雑念を払ってまっさらな
澄み切った心にならなければ
完璧な藝をお見せすることはできないと思っております。
ですから、お客様を神様とみて、歌を唄うのです。

お客様は神だから徹底的に大事にして媚びなさい。
何をされようが我慢して尽くしなさい。
などと発想、発言したことはまったくありません。

そう、ビジネスとは
媚びることでもなければ
何をされても我慢して尽くすことではない。

そんな理想論を並べたてやがって!
お前は中小企業の悲哀がわかっていない!

お叱りは甘んじてお受けしますが
私も亡き父は名もなき小さな
貸衣装店を営んでおりましたので

ここに仔細は書きませんが
中小零細企業の悲哀や
理不尽をこの目で見てきました。

ま、そんな個人的な話はさておき(汗)
数年前に私が直接お話を伺う機会があった
HILLTOP株式会社 副社長 山本 昌作さんの
インタビュー記事を下記にご紹介します。
http://bit.ly/2NgTqbi

聞くも凄惨な話を
笑いながら話していた姿が
今でも目に浮かびますが

理不尽は甘んじて受け続けていたら
個人も会社も変わることはできません。

上記の山本さんの歩みが
皆さんの踏み出す勇気の一助になれば幸いです。

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク