北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

短気は損気。そこで怒っちゃうと価値が下がるどころか・・・

2021.02.28 (日)

 

短気は損気とはよくいったもの。

ま、私に言う
資格があるかどうかはさておき(汗)

先日、とあるM&Aの打ち合わせの席で
売り手が激怒りした場面に遭遇しました。

なぜ売り手が怒ったのか?

それは・・・

買い手が事業計画を
みせてほしいと頼んだから。

へ?なんでそんなことで怒るの?

と思ってくださった皆さま
はい。私もまったくもって同感です(*^^)v

あ、ちなみに
買い手だからといって
偉そうにしていたとか
横柄で無礼だったとかはないですよ。

売り手が怒ったのは
事業計画で評価するんじゃなくて
売り手がもつ製商品の技術を
評価すれば値段はつくじゃないか!

てな背景だったんですね。

これについて
読んでくださった皆さん
それぞれご意見があると思います。

もしよかったら
下記までお寄せくださいね(^.^)
info@tetraforce.jp

で、終わっちゃ能がないので(汗)
続けさせてもらいますとw

さかのぼること20年近く前の
ベンチャーキャピタルに
在籍していた頃の記憶がよみがえった。

似たようなケースが
まあまあ、あったんですよ。

自社の技術優位性について
熱く語ってくださる方が
(もちろん根拠も示されて)

事業計画について聞くと
とたんに黙ってしまい
今回のように時には怒り出した。。。

「お前たち金融屋は
すぐに金の話ばかりしやがる」

「技術を正当に評価できるよう
もっともっと勉強しろ」って。

言われたことは
ある意味そのとおりで理解はできる。

が、残念ながら賛同できない。

ベンチャーキャピタルは
投資家から預かった資金で
企業に投資し投資先が成長することで
キャピタルゲインを得るのが目的。

どんなに素晴らしい技術でも
事業化してマネタイズできる
見込みがなければ投資できません。

だから事業計画が見たいとなる。

増えつつある事業承継のご相談。

皆さん、決算書類をはじめ
「過去と現在」の書類などは
よほどのことがない限りお持ちですが

「事業計画」の話をすると

「いやだって、会社を譲るんだし」
な感じで、作られていない方が非常に多い。

大企業や上場企業が作るような
大げさなものは必要ないんですよ。

社長の頭の中にある数字や見通しを
紙に書き出す、アプトプットすればいいんです。

そんなこと、わかっちゃいるけど
いそがしくて筆が進まないんだよ!

お話しいただいたことを
計画書に落とし込む作業は私たちの
大得意分野ですから、下記までご相談ください(^.^)
https://bit.ly/3kG6ylL

御社の「価値」を
正当に評価してもらうためには
「過去と現在」では不充分。

「御社が考える未来」を
書面にアウトプットすることをお忘れなく。

あ。それから交渉の席では
怒った方が負けですからね
怒っちゃダメですよ(^.^)

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク