北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

後継者は、私より若いものがなる!なんて思いこんではいませんか?

2021.02.19 (金)

 

皆さん、やっぱり事業承継って聞くと
高齢になった経営者の方が

ご自分より若い世代に経営を
バトンタッチするイメージですかね。

でもね、ここ最近は
そんな話ばかりでもないんですよ。

たとえば私が事業承継の
ご相談に乗っている会社さん。

オーナー経営者はまだ30代とお若い。

え、自分でまだまだできるのに
なんで事業承継なの?ですよねえ。

資金繰りにひっ迫した
いわゆる救済を求める
事業承継でもなければ

ご自身の体調がすぐれないとか
家庭の事情でやむを得ずって話でもない。

理由は・・・

事業展開のスピードを速めたいから。

資金力のある会社の傘下に入ったほうが
今よりも加速度が増すんじゃないかと。

いやあ10年前くらいまでなら
そもそもこういう相談はなかった。

時代は変わったなあ・・・

なんて私の感慨はさておいて(汗)

やっぱり何事もね
追い詰められる、尻に火が付く前に
先々をにらんで動くってのがポイント。

今回のケースでいえば
事業承継(会社売却)せずとも
資本業務提携という手もありますしね。

いわば目的を達成するための
手段の選択肢が広がるってこと。

ぶっちゃけた話
追い詰められてから相談をうけ
もろもろ検討したけれどもやむなく

「もう、これしか手段がないですよ。」

って話をするのは、私もいやですから。

頭ではわかっているけど
なかなか実践できない「転ばぬ先の杖」。

私自身も
わかっちゃいるけど
「ま、今はとりあえずいっか」なんて

先送りした結果「あちゃー」
なんてことがありますが( ;∀;)

自分一人にふりかかる
災難であるならまだしも

経営者は少なからず
社員・顧客・取引先などなど
背負っているものが沢山ありますから。

お互いに思い立ったが吉日
小さな1つからでよいから行動しましょ。

無駄なコストをおさえて
自分でできるに気づくを
下記でお届けしますよ(^.^)

思い立ったらスグ
お問い合わせくださいませ!

会社と事業の「買い方」と「売り方」を
初めての方にもわかりやすくお伝えします。
(↓下記動画をご参照ください↓)
https://bit.ly/3j4Jjjt

※セミナー・研修・コンサルティング
(対面・オンラインどちらでもOK)のお申し込みは
下記までお気軽にお問い合わせください※
https://bit.ly/3kG6ylL

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク