北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

失敗事例や教訓を学んでいるのに、活かせないのは何故なんだろう?

2021.02.14 (日)

 

昨晩遅くに発生した
福島・宮城を中心とした大地震。

一夜明けて被害の全貌が
徐々に明らかになってまいりました。

まずもって被害に遭われた
皆様にお見舞いを申し上げます。

該当地域には
ご縁を頂いている方や
お世話になっている方も多く
今も気になっております。

そして否応なく
10年前に発生した
東日本大震災を思い出します。

でも悲しいかな
時がたつと記憶は風化していき
今回のような現実に
直面しないと思い返すことが
減ってしまうのは厳然たる事実。

シビアな話
自分が当事者として
忘れ得ぬような苦しみや
被害を受けない限り人は忘れるもの。

ビジネスを営む我々も
さまざまな機会で
企業経営における失敗事例などを
学んでおりますが

やはり心のどこかで
よその会社のこと、他人ごとだと
思っているところがあると思います。

つまりは学びで得た教訓を
予防的に生かすことができない。

そんなシチュエーションが
昔も今も多いな。なんてことを

地震のニュースを見ながら
ふと思ってしまいました。。。

まさに

「天災は忘れた頃にやってくる」

のことわざのとおり。

そして企業においても

「危機は備える前にやってくる」

です。

常に危機意識を持ち続け
毎日を過ごすことが至難であることは
私も同じですが

せめて週に一度
あるいは月に一度でもいいから

うちの会社、ウチの商売
今のまんまで大丈夫かなあ?

なんてことを
お互いに振り返る時間を
天引きして持っておきたいですね。

末筆ながら
重ねてお見舞い申し上げますとともに
どうか早く収束しますように。

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク