北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

毎年9月から12月にかけて、なぜアレが増えるのでしょう?

2021.11.22 (月)

 

秋も深まるこの時期に
なんで増えるんでしょうか?

なんて質問をいただいたので
今日はさわりの部分を説明します。

きのうの日経新聞でも
記事になっていた
企業の新規株式公開

今年は15年ぶりの高水準で
11月19日時点で
証券取引所から
上場承認された企業は124社↓。
https://s.nikkei.com/3cAzUPT

でね、だいたい毎年
9月から12月にかけて
上場承認ラッシュがやってくる。

多い日で1日、5~6社
たてつづけに発表されます。

昔ばなしになりますが
私がCFOをつとめたIT企業も

2001年9月6日。いまは
東証ジャスダックに統合された
ナスダック・ジャパンから
上場承認され

2001年10月15日に上場!

予定だった。んが・・・・

2001年9月11日に発生した
米国同時多発テロの影響で
2002年1月30日まで
上場が延期になりました(._.)

ま、これは余談で(笑)
当時もかわらず
9月以降は一日で複数社の
上場承認がされていた。

さて、冒頭の答えですが

最大の理由は決算期です。

最近は変わりつつあるけど
日本企業って3月決算が
多いじゃないですか。

ではなぜ、3月決算の会社が

9月から12月にかけて
上場承認されるケースが

多いのか?

については
少々長くなりますので
明日以降に解説しますね。

Sさん&Uさん、お楽しみに(^^;)

↓ビジネスに役立つ気づきを毎日配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください↓
https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク